スポンサーリンク

【レポ】ハワイアンジュエリーブランド、ワイレアで結婚指輪を購入しました。

こんにちは。アンダンテラーのNanaです☺

先日、オーダーをしていた結婚指輪が届きました。わたしたちは、購入前からハワイアンジュエリーにしようと決めていたので、割とスムーズに結婚指輪を決めることが出来たと思います。

ということで今回は、ワイレアで、ハワイアンジュエリーの結婚指輪を購入するまでの流れや、感想などをまとめていきたいと思います。

「ワイレアの結婚指輪」「ハワイアンジュエリーの結婚指輪」を考えている方の参考になれば幸いです。

ワイレアとは?

まずは、ワイレアというハワイアンジュエリーブランドについても少しだけご紹介しますね。

1995年に日本に初めてハワイアンジュエリーを紹介したのが、このワイレアさんだそうです。はじめは卸売りのみだったようですが、1997年には、横浜の元町に店舗をオープンされました。

Nana
1994年生まれのわたしと同い年くらいですね(笑)

2019年8月現在、関東を中心に7つの店舗でハワイアンジュエリーを販売されています。

日本の店舗で細かく記入されたオーダーシートを元に、ハワイの自社アトリエにて、職人さんが丁寧に作成してくれるのです!

ちなみに、ペアリングであれば、同じ職人さんが同じ日に作ってくれるとスタッフさんが言ってました(*^^*)

ハワイアンジュエリーの魅力

ハワイアンジュエリーの魅力といえば特徴的なデザインですが、現地ハワイでは、親から子へ受け継がれるもの、こどもが産まれた時に、こどもの名前を彫って贈るなど、想いが込められたジュエリーなんですね。

歴史も古く、リリウオカラニというハワイの女王が、親交のあったイギリスのアルバート王子の死を追悼し、ゴールドのバングルを作ったのが始まりと言われています。

このバングルにはメッセージが彫られていたそうで、その後も女王は親しい人にメッセージを込めたジュエリーを贈っていたそうです。

ホヌ(亀さん)やプルメリアの花、波模様など、モチーフにも色々な意味が込められているので、そう考えると大切な結婚指輪をハワイアンジュエリーで作るのって素敵だなって思えてきますよね

ワイレアのハワイアンジュエリーを結婚指輪に選んだ理由

わたしたちは指輪のために色々と見て回ったりせず、見積もりを取りに行った横浜の高島屋でそのまま購入にまで進みました(笑)

もともと旦那さんの方がハワイアンジュエリーを昔から身につけていて、わたしは旦那さんとお付き合いをしてから、ネックレスと指輪をプレゼントしてもらっていました。

なので、ふたりともハワイアンジュエリーには関心があったのです。(ハワイには行ったことないけど)

それに先に書いたように、モチーフによって色々な意味があることも知り、一生身につける結婚指輪にはぴったりなんじゃないかなと感じていました。

ワイレアさんのことは、お台場にあるヴィーナスフォートの店舗に行った時に知ったのですが、あまりほかのブランドを知らなかったこともあり、下調べなどせずに自然とワイレアで購入しようという流れになったのです。

購入から指輪到着までの流れ

さてさて、では実際に見積もりをしてから購入までのおおまかな流れをまとめてみますね。

来店し、結婚指輪購入の旨を伝える

行き当たりばったりなわたしたち、特に来店予約などせずに突入しました(笑)平日だったこともあり、そのまま見積もりをしてもらえましたが、来店予約をした方が確実だと思います。ホームページのフォームからできるようです。

しばらくショーケースのアクセサリーをみていると、スタッフさんが話しかけてくださったので、結婚指輪を考えていること、急ぎではないことなどを伝え、そのまま見積もりに入ってもらいました。

オーダーメイドのため、色々と細かく決めることがあってわたしも途中で混乱してきてしまいましたが、覚えている限り流れを書いていきますね。ちなみに決めていった順番はこの通りではありません‪‪💦‬

サイズを測る

今までちゃんと指輪のサイズを測ったことも無かったので、まずはサイズを計測!ちなみにオーダーシートにはUSサイズで記入されています。こんな感じになりました↓


・わたし・・US「6」(日本で11-11.5号)
・旦那さん・・US「8.5」(日本で17.5-18号)

実際に無地のそのサイズのリングをはめてみて、一番馴染むものにしました。

素材選び

素材は、ゴールドかプラチナで迷いましたが、長く身に着けるものなので、思い切ってプラチナにしました。

プラチナとは
白く輝くプラチナ。ホワイトゴールドと見た目は似ていますが、そもそも全く違う物質だそう。プラチナの方が変色しにくく、アレルギーも出にくいそうです。

分かりにくいですが、指輪の内側に「PT950」と彫られています。これはプラチナ純度95%という意味です。純度90%よりもプラチナの割合が多いため、アレルギーにもなりにくいんだそう。(ワイレアさんはおそらく95%のみかな?確かじゃなくてすみません💦ご確認ください)

若干金属アレルギーのある旦那さんも今のところ大丈夫みたいです。

ピンクゴールドとかも個人的には可愛いなと思いました。金属アレルギーのある方は特に、スタッフさんに素材の相談をよくするといいかもしれませんね。

リング幅選び

リングの幅で結構つけたときの印象って変わりますよね。わたしたちは、ふたりとも「4mm幅」にしました。

手がごついし汚くてごめんなさい(笑)

とにかく事前調査をしなかったわたしたち。後から調べたら女性は3mmが多いってのをみて、「太すぎたかなぁ」と心配していました。

でも実際はめてみると、特にハワイアンジュエリーなので、モチーフが目立っていいかも!と思えました。それにそんなに太い印象もないと思います。

ここは好みかなぁとは思いますが、3mmとかだともっと華奢な感じになりますね。個人的にリング幅は結構重要かもです。

エッジの種類選び

エッジというのは、指輪の縁(ふち)のことですね。

わたしたちは、なにもしない「ノーエッジ」を選びました。(予算的にも笑)

↑こちらは他のブランドさんのものですが、このように柄に沿って縁もカットしてあるタイプは、「カットアウト」といいます。これもカットアウトでいいのかな💦

ちなみにこのカットアウトは「ハワイアンジュエリーらしさが出る」とスタッフさんが言っていました。確かに。

モチーフを決める

ここはもっと事前に下調べをして、ある程度決めていけばよかったなと思っています。

とりあえずスタッフさんに勧められたものをベースに決めていった感じです。

永遠に寄せては返すっていうスタッフさんのひとことも印象的でしたし、ふたりとも海が好きだったのもあり、 「波」をベースに、フラワーを三か所に入れてもらいました。 若干ふたりで違うモチーフにしています。

他にもマイレリーフやプルメリアなど、それぞれに意味があるので、じっくり考えたいところかなと思います☺

メッセージを決める

最後に、指輪の内側に入れるメッセージを決めました。

ブロック体で、「イニシャルと、入籍記念日、MAULOA」を。

MAULOA(マウロア)はハワイ語で永遠。という意味です。

たぶん多くの人がこれにするんだろうなぁと思ったので、ちょっと違う言葉を考えたのですが、結局思いつかず(笑)でも結婚指輪らしくて素敵かなと思います。

その他

忘れていましたが、あとは、リングの形状(バレル型かフラットか)や、リングの厚み(ちょっと増えるだけで重厚感が変わります)も決めていきました。

こう振り返ってみるとけっこう決めることが多くて、悩んじゃいますよね(笑)でもこれがハワイアンジュエリーの醍醐味なのかも!

指輪到着まで

あ、気になるお値段もどなたかの役にたつことがあるかもなのでご紹介しておきます(笑)

二人分で、「21万2284円」でした。

実際はもう少し高いのですが、ちょうど高島屋さんでブライダル優待のようなものをしていたので、セゾンカードに入会することで10%引きになりました。

Nana
こういうキャンペーンがあるとありがたいですね・・本当に。

そして、あとは到着を待つのみ。ということで、その日は帰宅しました。ワイレアさんのジュエリーはハワイの工房で作られているので、到着まで1~2カ月かかります。

実際は、オーダーをしたのが2019年6/19で、到着の電話があったのは7/27なので、1カ月とちょっとですかね。8月中旬ときいていたので、早めに来て嬉しかったです☺

クロスはついていないので、ついていたら嬉しかったなぁという欲張りなわたしでした(笑)

ワイレアで結婚指輪を購入した感想

あまり周りに居なかったのですが、迷わずハワイアンジュエリーの結婚指輪にしてよかったなと思います✨ふたりで決めて意味を込めて作り上げた指輪は、とても愛着がもてました。海や山など自然が好きなわたしたちにもぴったりだったかも。

ワイレアのスタッフさんも気さくに接してくださって、終始ハワイの風を感じるおっとりした会話ができて和みました。

Nana
ってだからハワイは行ったことないでしょって(笑)

後から知ったとはいえ、日本で初めてハワイアンジュエリー専門店をオープンさせたという伝統あるブランドで作ることができたのも、良かったです。

まとめ

以上、ハワイアンジュエリーブランド、ワイレアの結婚指輪レポでした。

こういうのは見すぎると悩んでしまうと思ったので、1件目で決めてしまったわたしたちですが、結局はどこで作ってもふたりの一生の宝物になることは間違いないと思います。

でもせっかくだから、あまり人と被らない、そして意味を込められるワイレアのハワイアンジュエリーを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

では、長々とお読みいただきありがとうございます。

↓こちらもお読みください:-)

同棲カップルの入籍日前日の過ごし方は?私がやったこと4つ。

2019年7月13日

【レポ】ゼクシィ相談カウンターで無料の電話相談してみた

2019年7月20日

手作り「ウェディングノート」の中身を公開します!

2019年7月26日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)