スポンサーリンク

HSPの良いところ、活かされていることを3つご紹介。

こんにちは。Nanaです☺

最近HSPという気質を知った方には、「HSPってデメリットしかないじゃん・・」そんな気持ちになる方も多いかもしれませんね。

Nana
私も、「辛いことしかないやん」って思っていました。

しかし、HSPという気質は、実は良いところもあるし、むしろ活かしていくべき大切なものなんだよっていうことに、わたしも最近やっと気付き始めました。↓きっかけはこんなこと。

HSPカウンセラーベーシック講座を受講しての感想。

2019年12月22日

【読書】「繊細さんの本」を読んだ感想

2019年12月28日

ということで、今回は、わたしが日々感じる、「HSPの良いところ、生活に活かされているなと感じること」をまとめてみたいと思います。

あくまでもわたし個人の感想です。HSPといってもひとそれぞれタイプや性格、考え方、とらえ方は違っています☺

①自然の壮大さ、すばらしさを感じる

これはすごく大きいです。マイナスイオンたっぷりの森や、海、滝のそばなどそういう場所に身を置くのが苦ではありません。都会でショッピングをするよりも、遊びまわるよりも、自然からエネルギーをもらうことに喜びを感じます。

おそらくわたしと同年代の女性ならそういうところでぼーっとするなんて退屈だと感じるのかもしれませんが、わたしにはそれを心から楽しむことができます。それはHSPならではなのかなぁと思っています。

HSP、またエンパスは特に、水との相性がいいみたいです。自然とわたしたちとのことは、↓こちらの本が参考になりました。

LAの人気精神科医が教える共感力が高すぎて疲れてしまうがなくなる本

HSPの方でも活かせそうなことが書いてあるので気になる方は是非。

エンパス診断も当てはまったわたしですが、あまりスピリチュアルな体験はしたことがないので、違うのかな?

エンパスとは?
「HSPをより敏感にしたものである」「両者の違いああまりなく、HSPは心理学的な考え方で、エンパスは若干スピリチュアル的な考え方である」など、明確にこれ!っていう答えがありませんでした。私も勉強中です。

少し話がそれました。そんなわたしですが、子どものころは、田舎暮らしが嫌!って思っていたこともありました。その頃はビミョーな年ごろで。都会にあこがれる時期ってありませんでしたか?(笑)

でも実際は、地元で割と栄えている場所に行っては熱を出したり、気分が悪くなったりしていたので、根本的なところは変わらず、自然と調和して生きてきたんだと思います。

結局上京し、自然と触れ合える機会が少なくなった今、自分がこの世界から浮いているようなそんな気持ちは心のどこかでずっとありました。


街に溢れる大きなビル、遊ぶ場所はわたしたち人間が作ったものです。でもそういったものも、地球、宇宙っていう土台があるから成り立ってることで・・そのおおもとの自然と調和し、エネルギーを取り込めるのは、HSPの良いところだとわたしは思っています。

なので、HSPの方は定期的に自然と触れ合う時間を作るといいのではないでしょうか。本来の自分という人間に帰れるというか。きっと自然が味方をしてくれます。

②音楽、本、映画など芸術に強く感動できる

昔から、音楽に特に魅せられてきました。とにかく、自然もそうですが、「目に見えないもの」から何かを感じ取ります。そこから楽しみや感動を受け取ることができるのはHSPならではの強みではないでしょうか。

わたし自身は、ドライな人間だと思われがちなのですが、芸術に触れた後、心の中は、実は喜びでいっぱいになっています(笑)

だから映画や演奏会、博物館や美術館は、ひとりで行くのが好きだったりします。もちろん一緒に喜びを共有するのも素晴らしいことです。

でも、こう、芸術に触れた後、自分の中で自分にしか感じられないものを噛みしめるのが、いいんですよねぇ。HSPではないひとが「これよかったね」で終わるものが、HSPのわたしにとって、その言葉よりももっと多くのポジティブな感情を抱いているみたいな・・

マイナスのことを「気にしすぎる」のは、逆に言うとこういうポジティブな感情も人一倍感じられるんだっていうこと。そう考えるとHSPという気質って他の人よりも得じゃんって思えたりしませんか:-)

③実は自分の芯をもっている

これはHSPの方と交流したなかでも感じました。よくHSPは「他人軸で生きている」というフレーズを見かけます。でも、仕事をまじめにこなし、ひとりの時間も楽しめて、実は自分の芯を持っている、ちゃんと軸がある人が多いと思うのです。

普段の生活では嫌な空気になるのを避け、他人を優先してしまうこともあるかもしれない。でも本当は、「これが心地いい」とか「こうしたらいいかも」みたいな独自の感性をもっていて、出せていないだけでちゃんと、心の中に自分という人間は存在しているんです。

色んな事に敏感だからこそ、他の人にはない感覚、考え方をちゃんと持ってる。

わたしはどちらかというと、「おかしい」と思ったことには反発するし、旦那さんにも「頑固」と言われるし、自分の意見がないわけではありません。これは社会に出てから変わった「性格」の部分かな・・そうしないと生きていけなかったので・・

でも、「こうあるべき」とか「○○さんがこう言いそうだから」っていうのは無意識に考えてしまっていて、そこに流されることはあります。そんなとき「なんでもっと自分の声を聴かなかったんだろう」と後悔するんです。

だから、HSPの方がもっともっと自分の内にある想いを、芯を、軸を、思い切り出せるように、そんな世の中になればなと思っています。

まず自分の想いに気付くには、紙に書き出すことがおすすめです。わたしはシステム手帳を毎度ながら推しているのですが(笑)一枚の紙でもOKなので、まずはなんでも、想いを書き出してみてください。

HSPxシステム手帳ってどゆこと?何書いてるの?

2019年11月3日

まとめ

以上、HSPの良いところ、活かされているところをまとめてみました。

長くなってしまったので3つにしたのですが、まだまだ強みに変えていけるところはたくさんあります。

人間の特性上、「痛い・つらい」という感覚の方が身を守るうえで重要なので、感じやすくなっていますが、今後はこういった「嬉しい・楽しい」という感情にも目を向けていきませんか:-)

アンちゃん
いい人生にしよう~

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)