スポンサーリンク

HSPを理解してもらえないけど、自分だけは味方で居たい。

こんにちは。Nanaです。

人一倍繊細な感覚を持つHSP。この気質を周りの人に理解してもらうのって相当難しいと思う・・

日本人は比較的HSPの人が多いとも聞きますが、本当にそうなのかなというくらい、わたしも同じような人に出逢ったことがありませんでした。

理解してもらえなくて辛いという気持ち

HSPの何がつらいって、一番は「理解してもらえないこと」かなぁとわたしは感じています。

職場の人はもちろん、家族でさえ、きっと分からないことだと思います。

例えば仕事に行くのがつらい、という感覚。

ただ文字通り「シゴトニイクノガツライ」のではなくて、

まず朝起きて「今日はどんなことが起こるのか」と不安になり、自転車で駅に向かうまでに人とぶつからないだろうか、車が車道をはみ出てきてわたしにぶつからないだろうかと心配し、電車のホームで誰かに突き落とされないか心配になり、車内では落ち着こうとイヤホンをつけて音楽を聴くものの、聴覚を遮断するというのは意外と不安でもあって、ナイフを持った人に襲われないかと恐怖に見舞われ、外と車内の空調の気温差に吐きそうになり、やっと出社したと思ったらその日のメンバーの空気が悪かったり、問題ばかり起こってひとりで焦ってるのに周りはそんなことなかったり、休憩時間中は騒がしい食堂で心も休まらず、てか眩しすぎるんだよ世の中、薄暗い部屋作って・・って感じだし、仕事中も周りの目を気にして「どうやったら使えないやつって思われないか」考えてるし、かと思えば考えすぎて何やればいいか分からなくなって、人の顔色見て「こっちが正解じゃなかったかー」ってなるし、困ってる人がいたらサポートしたい気持ちはあるけど「とりあえずお前は自分の持ち場守れよ」って思われてそうで・・でも「今どれやればいいですか」なんてそんなこと聞けないし、自分で気付いたことは人に頼れないから自分でやろうとしてしまって、でも身体はひとつなのでスピードを上げるしかないじゃん、そしたら喋る暇も気抜く暇もないし常に動いてるし、そんなこんなで疲れまくってロッカーで泣くほどつらいです。

↑ってこんな感じなんですけど、これを言ったところで確実に理解してもらえないだろうし、「は?そんなことで疲れてると社会でやってけないよ?」って思われそうで結局言えないし言うのも疲れる・・

Nana
これをその場で言語化して伝えるのも難しいし時間がかかってしまいます・・

なんでみんなは理解してくれないんだろう。わたしだけが不公平だ。もう来世に期待するしかない(←最近のわたし)っていう気持ちになってしまって、グレてイライラしがちになったり、人生に対して諦めモードになったり、するんですよね・・

身近な人に理解してもらえないっていうのもつらいと思います。というか身近な人にだけは「理解」してほしいのに、それさえも難しいことに悲しくなるし、そこまで求めている自分ってワガママなんだなって思えて更に悲しくなる。

理解してもらえなくて当たり前だと気付く

だけど最近ちょっとだけ、「これはもう理解してもらえなくて当たり前なんだ」って思えるようになってきました。

人の声色や語尾の強さ、ちょっとした間から「今絶対嫌な気持ち出したでしょ!」って心の中で思うことが多いのですが、わたしだってそれが100パーセント当たってるかっていったらそんなわけじゃない。

わたしだってみんなだって同じ、普通に人間やってるわけだし、相手の事を全部理解するなんてHSPかどうかに限らず無理なんだって思いました。

だから「理解してもらえない」ことに対してストレスを感じるのはそろそろやめたいなと・・

自分だけは自分を見放さない。

そう、他人には理解してもらえないかもしれないけれど、その代わり自分だけは、絶対に絶対に、見放しちゃだめだと思います。味方でいなきゃいけないと思います。

今までのわたしは自分で自分を散々突き放していた。

他人に理解されないというか、そもそも自分が自分を理解してあげようとしていなかったんです。辛かったと思う。ごめんなわたし。と思う。

だから、これからはわたしが自分自身のカウンセラーというかアドバイザーみたいな感じで、色々と癒してあげたいと思います。

  • 予定がある日、外出する日の後には+1日有休をとって休むこと
  • 気が乗らないなら人と会う約束をしない、断ること
  • 「自分を見直す日」を作ったこと
  • 何をすれば気分が上がるのかリストを作ったこと
  • 仕事を減らしてみたこと

これらはまだまだ改善の途中ですが、今後も自分の本当の気持ちに気付いてあげられるわたし専属カウンセラーで居たいし味方でいたいと思う。

そんなことを感じた今日この頃なのでした・・

なぜみんな平気なの?周りの人と自分は違うと感じて生きてきた。

2019年9月24日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)