スポンサーリンク

【レビュー】ワークマンプラスのジャケットを冬キャンプで活用!

こんにちは。Nanaです☺

先日、旦那さんの実家のみなさんと、年越しキャンプへ行きました。冬のキャンプって考えただけで凍死してしまいそうですよね(笑)

Nana
寒さに敏感な私にはつらい・・

はじめて行ったときは防寒が十分ではなく、寒かったので、今回は事前に対策をすることにしました。

そこで目を付けたのが、最近テレビでも放送されて話題になっている「ワークマンプラス」のジャケットです。

結論から言うと、このお値段でこのクオリティはもうハナマルでした!(笑)

ということで、さっそくレビューしていきたいと思います。冬のキャンプの予定がある方、また、普段使いもできるジャケットをお探しの方は是非参考にしてみてください:-)

ワークマンプラスとは?

ワークマンといえば、作業着や、防寒着、安全靴など、現場で働くさまざまな業種の方のワークアイテムを販売されている会社さんです。

そんなワークマンが、近年、アウトドアウェアやスポーツウェアとして新たに商品を展開しています。それがワークマンプラスというわけですね。

ワークマンは仕事の作業着などがメインのラインナップで、それをもっと一般の方にも馴染みやすいものにしたのがワークマンプラス、みたいな感じでしょうか。デザイン性も高くなっています。

高機能で、デザイン性も兼ね備えて、しかも低価格。という大注目のアウトドア用品なのです。

購入品を紹介

テレビを見て「これだ!」と思ったわたしたち夫婦は、冬のキャンプのために、一番近くの店舗へ行ってみることにしました。

ちなみに、「ワークマン」の店舗でも「ワークマンプラス」の商品を基本的に取り扱っているそうです。在庫がない場合もあるので詳しくはお近くの店舗へお問い合わせください。

とりあえず一番欲しいのはジャケット、ということで店内を物色。結構色んな種類があり、違いも分からないと思うので、実際に羽織ってみることをおすすめします。

最終的に夫婦で購入したものはこんな感じです↓

写真のセンスが壊滅的すぎる(;・∀・)

ふたりとも、それぞれ、ジャケットとついでにパンツも購入しました。

今回はジャケットの紹介なので、ふたつをちょっと詳しく解説していきます。

WM3633 DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)防風防寒ジャンパー

わたしが購入した、ブルーのジャケット。鮮やかなブルー色で、男女兼用です。身体に密着した方がいいかなと思ったので、165cmのわたし、Sサイズにしました。特徴をまとめるとこんな感じ。↓

特徴
・高い防風性
・撥水加工
・裏地がフリース
・左胸にファスナーポケット付き
・左右ポケット付き
・ペン差し付き
・フードは取り外し可能
・サイズは「S・M・L・LL・3L・4L」
・カラーは「ブラック・ブルー・レッド・イエロー・カモフラホワイト・カモフラグリーン」

こちらのジャケットは、ワークマンプラス内のブランド「フィールドコア」のものです。アウトドア向けに作られていて、ロゴも山をイメージしたものになっています。

これだけの機能をそろえて2900円。他のアウトドアブランドなら考えられないお値段ですね。

注意点は、防水ではなく、「撥水」だということ。生地に撥水の加工はしてありますが、縫い目から水が入る可能性があったり、完全防水ではないようです。

WM3638 イージス360゜(サンロクマル)リフレクト透湿防水防寒ジャケット

お次は旦那さんが購入した、鮮やかなレッドのジャケット。166cmくらいで割と筋肉質の旦那さん、Mサイズを購入です。こちらは男性用のようですね。特徴をまとめてみます↓

特徴
・前後のフェイスガード(顔周りを覆う布)で防寒できる
・アジャスター付きなので風でバタバタしない
・フードは取り外し可能
・背中に反射プリント付き
・ファスナーポケット付き
・防水
・サイズは「M・L・LL・3L・4L」
・カラーは「マットブラック・シグナルレッド・シグナルブルー」

こちらは、ワークマンプラスのブランド「イージス」のもの。防水性に強く、ライダーやウィンタースポーツに特化したラインです。このWM3638というジャケットも、かなりライダーのことを意識して作られていますが、キャンプでも活躍してくれそうですね。

実際に冬のキャンプで使用した感想

若干着ぶくれした

ふたりのジャケットが別の商品なのですが、共通して出た感想をまとめてみます。

風を通さず、あたたかい

特に感じたのは、「風を通さないな」ということ。試しにドライヤーで風をあてたりもしてみたのですが、ジャケットを通して風を感じることはほぼありませんでした。

キャンプの際も、近くの海へ釣りに行きましたが、海風が強いなか、しっかりと防風してくれていたので、よかったです☺帰りの電車なんかは、むしろ暑いくらいでした。

コスパがよすぎる

そして、なんといってもこの安さ。コスパがよすぎますね。

他のアウトドアブランドだと、ジャケットも倍以上のお値段がすると思います。なので、これからアウトドアをはじめてみようかな、という人は、まずワークマンでウェアを揃えるのもいいんじゃないかなと思いました。

また、若干派手なカラーリングではありますが、普段使いもできると思うので、このお値段で冬の防寒を手に入れたと思うとかなりお得なのかも。

ジャケットの着こなし

ここで少し着てみた感じの写真もいくつか載せておきたいと思います。着こなしって言ってもセンスは皆無なので参考程度にとどめておいてくださいませ(笑)

↑キャンプ場での写真を撮り忘れたので自宅です・・わたしのジャケットは男女兼用でSサイズにしたのですが、165cmのわたしには若干ぴったりめになりました。なのでちょっときつく見えるかも(;^ω^)

↑後ろには入っている線は反射します!

快く写真を載せさせてくれた旦那氏

↑下はスウェットを履いています。こちらはMサイズ。なかなかジャストフィットですね。

もう一声!種類が分かりやすくなればなお良しです

購入時の感想にまでさかのぼってしまいますが、店舗やオンラインでも、かなりの種類のジャケットがあるので、迷ってしまうところはあると思います。

ふたりで「これとこれは、どう違うの?」という状況に(笑)

また、レディースや男女兼用が混ざっている形になるので、サイズはしっかり確認するといいかもしれません:-)

それだけ種類が豊富だということなので、ご自身のニーズに合うものを探してみてください☺ワークマンプラス、おすすめです。

まとめ

ワークマンプラスのジャケットをレビューしてみました。

やっぱり冬のキャンプは寒い中を外で過ごすのですから、防寒命だと思います。これで冬のキャンプの味方がひとつ増えたのでちょっぴり安心です☺

キャンプだけではなく、釣りやマリンスポーツ、はたまた普段のお買い物でも活用できる商品がたくさんあるので、気になる方は気軽に試してみてはいかがでしょう。

有名ブランドのアウトドア用品が欲しい方には向かないかもしれませんが、機能性や品質を重視し、なおかつ安い値段で買いたい人にはワークマンプラスがぴったりだと思います。

なんといってもコスパよしなので・・ ☺

↓オンラインストアもあります。店舗受け取りなら送料はかからないので要チェックです。

ワーキングウェア小売No.1
プロが認める品質を普段使いに!
ワークマン

参考になればさいわいです~お読みいただきありがとうございました。

こちらのアウトドア記事も是非ご覧くださいませ:-)↓


初心者のキャンプレポ!in尾白川リゾートオートキャンプ場

2019年8月25日

釣りは癒し効果バツグン!その理由4つをまとめてみる

2019年10月9日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)