決めようとしなくても良いのかもしれない

わたしは常に、「答えを求めがち」だと思います。

白黒つけたいタイプといえばそう。

モヤモヤや納得できないことに「悩み」とか「問題」とかいうラベルを貼って、どうにかして決着をつけたいらしい(笑)

でもわたし…もうやめへん?これ(笑)

別に決めなくてもいいし、答えを出さなくていい時もあるんかなあと思う。

特に100億年くらいずっと悩んでる「仕事」について。

これだけ悩んでるのにも関わらず、スパッと辞められないのは、やっぱりこの会社の制度とか、働き方が捨てられないっていう気持ちもあるんだと思います。

現状、毎日泣くほど辛い時期は終わったし、やれなくはない。

本当に無理だったら「あ、無理」ってなると思う。

もちろんそこまでして続けようとは思わないけれど、別にやれなくないんだったら無理して「辞める、続ける」どちらかっていう答えを出さなくてもいいのかなとふと思いました。

別に毎日ぱぱっと職場に行って与えられた仕事はちゃんとやる、でいいのかもしれない。

色んなことを考えてしまうのよね

  • 時間を短くしたから自分は何も出来てないんじゃないか
  • 子どももいないのに早番固定ってダメなんじゃないか
  • 一生懸命やってる人に失礼なんじゃないか

上司や旦那さんには「考えすぎ」と言われる。

自分でも考えすぎているとは思うんですよね…

というか無理やり「考える」ネタを作り出しているというか、そこまでして考えたいんか?悩みたいんか?と。(笑)

もちろん、HSPのことを知ってから、この「深く考える」っていうのは自分の気質であって受け入れていこうと思ってる。

でもそこに甘えてないか?HSPという言葉を言い訳にしたりしてないか?とも最近思います。

そこでセーブをかけてしまったら自分の可能性を自分で狭めているよなあと。

「必要以上に悩みすぎ」

なのかもしれません。

実際冷静になると、現実的に「そこまで病んでない」自分が居ました。

急になんか、どうでもよくなってきた。

というか考えるのやめようかなと思った。

(ってこれも多分100万回言ってるんだけど)

「一喜一憂しなさんな」

これは中島輝先生の講座で教えてもらったこと。

この通りなのかもしれない。

「そうなんだーふーん」でいいのかもしれない。

俯瞰で見ることは大切。

なかなか難しいんだけどね…(笑)

辞めたいと思えば辞めるし、続けられるならやればいい。

それだけ。って自分に言い聞かせる。

こんな感じで今日も生きていこうと思います。

ブログランキングに参加してみました!応援していただけると嬉しいです↓☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です