スポンサーリンク

「めんどくさがりの為の家事」少しでも楽にする4つの工夫。

こんにちは。Nanaです☺

うすうす気付いてはいましたが、わたしは家事が苦手みたいです。正直好きでもありません・・不器用でめんどくさがりなクセに完璧を求めてしまい、要領よくできないのです。

家族のために、いつも部屋はきれいにしておきたいし、栄養ある食事を提供したいし、洗濯もためたくない。こういう気持ちはもちろんあるのですが、とにかくめんどくさい!仕事の疲れも取れないし・・そして、そういう風に思ってしまう自分も、上手くできない自分にも嫌気がさしてしまいます。

もともと完璧主義の性格ではありますが、めんどくさがりなところもある。だからわたしの心の中では、「完璧にやりたい自分とめんどくさがりな自分」が共存している感じなんです。

仕事をしつつ完璧にやるなんて。できるかもしれないけど精神的にもつらいと思います。それよりも要領をつかんで7割くらいでOKを出す方が、自分にとっても家族にとってもいいのかもしれない・・そう思い始めています。

つまり、「要領よくそれなりにやる」という折衷案が自分には必要なのだと(笑)

そこで、最近ちょっとずつ見つけ始めた「家事を楽にする工夫」を今日はまとめてみたいと思います。

①掃除機は「コードレスクリーナー」にして見えるところに置いておく

昨年、結婚祝いに職場の皆さんから、ギフトカタログをいただきました。我が家にはコードでつなぐ、安い掃除機しかなかったので、これを機にコードレスの掃除機に変えることにしたんです。

先日やっと注文して使い始めたのですが、これすっごくいいですね!

ってコードレスってもはや当たり前なのかな(;^ω^)

これ、全然違う。以前までは、掃除機をかけるのなんてめんどくさくて、毎日はできていませんでした。多分、収納場所から引っ張り出して、コードをつないで、2階に行くときはまたコードをつないで・・っていうのがめんどうだったんだと思う。うん。

コードレスならそういう手間もないし、かけたいところを歩くだけって感じで、すごく楽に感じています。

あと、リビングの見えるところに置くようにしました。ここにあるっていうだけで、掃除したいときにサッと手に取れるので、最近はほぼ毎日掃除機をかけられています。

②食材は宅配サービスやネットショッピングを活用

料理の何がめんどくさいって、「食材の買い出し、献立決め」だと思うんですよ・・だいたい仕事終わりに買い出しに行きますが、仕事でさんざん歩いた後に重たい食材を自転車にのせて坂道を漕いでいると泣きそうになります。

そんな時味方になるのが、【パルシステム】の総菜だったり、冷凍食品だったりするんですよね。

もうどうしても作れないときとかに、冷凍庫にサッと出せるしめさばや、お魚があるとすっごい気持ち的にも楽なんです。

子どものいない夫婦向け!パルシステムおすすめ冷凍食品5つ

2019年8月20日

パルシステムは、アプリで注文できて、わたしの地域は木曜日に届けてくれています。でも、毎週注文が必須ではないので、気が向いたときに注文し、ストックしておく感じで活用しています。なので冷凍食品を注文することが多いかも。


そして、それプラスで日常的な買い出しはネットスーパーも活用しています。

これは特に休日なのですが、買い出しだけのために外出するのって結構めんどくさいじゃないですか。わたしは内向型なので、外に出るだけでしんどかったりします・・

わたしが利用しているのは「おうちでイオン」というイオンのネットスーパーで、ネットで注文してその日のうちに受け取ることができます。午前中に注文して午後受け取る感じ。

これだけでだいぶストレスが軽減されました。もちろん配送料がかかってしまったり欠品していたりというデメリットはありますが、めんどくさがりさんは活用しない手はないかと・・是非。

③大皿スタイルをやめる

これは完全にマインドの問題なのですが(笑)

わたしの実家では、ひとりひとりに小皿で分けて配膳する方式でしたが、旦那さんは逆で、大皿から個人がよそうスタイル

はじめは旦那さんに合わせて大皿スタイルにしていたのです。なんだかバイキングみたいで楽しいし好きなだけ食べられる利点もあったのですが、ここで発覚した問題がふたつ。

  • 品数が少なく見えてしまう
  • わたしがほとんど食べてしまう

このふたつです(笑)

まず品数問題。旦那さんは基本的に晩酌をするので、夕飯に米を食べないひとでした。必然的におかずだけになりますが、正直、毎日毎日4~5品作れるわけではありません。

仕事で残業になった日や、繁忙期はとてもじゃないけど無理だと・・

そうなるとテーブルにお皿が3つ!とかになっちゃうわけです。これを見るだけでなんか「もう1つ作るべきか?」って心がなってしまうんですよね。

あと、わたしが食べてしまう問題(笑)もともとよく食べる人間ですが、個人で決められた量がないので、気付けば大皿のものをほとんど食べてしまっている自分がいて(笑)

話をまとめると、小皿スタイルにして個人が食べる量を明確にすると、意外と3~4品でもそれなりにボリュームあるし、わたしが食べ過ぎることもなく、食卓が質素になることもなく、結果的に気持ちは楽になりました。

Nana
洗い物はその分増えるんですけどね・・

④買い出しに行く回数を減らす

先ほども書きましたが、料理のめんどくさいところは「買い出し」にあると思っています。

以前までは、ほぼ毎日、遅番終わりの23時ごろに閉店間際のスーパーで息切れしながら食材を買っていました。ネットスーパーも使っていなかったころです。

もうそれだけでストレス!

それになぜか「まとめ買い」ができなくて、(お金をいっぺんに使うことが怖い)、冷蔵庫の中身を把握せずに買っていたもんだから、食費はかさむし食材の余りも出てしまう。

ということで、まずは「2日に1回にしてみよう」と減らす工夫をしています。

理想は休日にネットスーパーでまとめ買いして1週間ほどやりくりすること、なのですが、まだまだうまくいかず、途中で買い足してしまったりするんですよね・・今後の課題です。

でも、買い出しの回数を減らすことで少し楽になれる気がしますよ☺

めんどくさがりを活かして家事やろうと思った。

めんどくさがりで完璧主義。とお伝えしましたが、家事においてはめんどくさがり優位の方が逆にいいんじゃないかって思えてきました。

「えーめんどくさーいやりたくなーい」っていう気持ちと「ちゃんとしなきゃ」っていう気持ちが混在している今のわたし。

でも、めんどくさがりだからきっと「手を抜くことを覚える」だろうし、やりたくないから「いかに楽にできるか考えられる」し「一番重要な家事を見極められる」んだろうなと思う。

その中でも、工夫してちょっとずつ精度を上げていけば、いいんじゃないかと。あとはマイペースで。

家事って「やれるときに気が向いたらやる」で済まされるものではないじゃないですか・・生活にかかわるものだから。

常についてくるものだからこそ、マイペースで自分の要領でやらないとほんとにやってけないと思うんです・・

めんどくさがりぐらいでちょうどいいんじゃないかって自分に言い聞かせ、これからもわたしは工夫を続けたいと思います。

ではでは、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)