スポンサーリンク

【2019】「紙博inTokyo」レポ!感想や戦利品など。

こんにちは。アンダンテラーのNanaです☺

2019年7月13日、東京の浅草にて開催された、「紙博in Tokyo」に行ってきました!

文房具と手帳好きのわたし、もちろんレターセットやポストカードなど、いわゆる「紙もの」も大好きです。そんなわたしにはもう終始ワクワクのイベントでした。ちょっと泣きそうになってたもん(なぜ?笑)

ということで、今回はそんな紙博についてのレポ記事を書いていきたいと思います。

実は節約中のため、購入品は2点なんですけどね(小声)

紙博とは?

「紙博inTokyo」は、「手紙社」という会社さん主催のイベントです。レターセットや付箋、しおり、マスキングテープ、ノートなどの紙アイテムが、会場に一斉に集合~!

クリエイターさん、メーカーさんそれぞれのブースがあって、会場を回りながらお買い物できます☺

東京での開催は今回で3度目だそうです。他にも京都や福岡、そして台湾でも開催されるとか。

わたしもずっと気になっていて、今回妹から、東京で開催されることを聞いたので(妹も文具女子)、参戦することにしたのです。

会場に到着

さて、さっそく会場入りです。紙博とは別ですが、冬に「文具女子博」という文具好きのイベントに参戦した際、入場までかなり待ったのです。12月の寒い時だったので結構つらかった・・

ということで、今回も開始時間の10時より30分ほど早く、会場入りできるように向かいました。

会場は、「 東京都立産業貿易センター台東館 」の 4階、5階展示室 です。最寄り駅は浅草駅で、徒歩5分ほど。携帯のマップで探しながら行きました。

入場料は500円で、当日入場前に購入できます。到着した時点で少し列がありましたが、開始時間より少し早く、スムーズに入場できました。

会場の様子ですが、ブースごとに分かれていて、それぞれのブースで会計をする、という形です。はじめはそこまで人も多くなかったのですが、徐々に人気のブースは会計待ちの列ができていました。

もうね、見ているだけでワクワクですよ!わたしはもう紙博に来られただけで幸せです。事前に下調べなどをしなかったのですが、直感で「あ、このブース好き」と思えるところもあったりして、、たくさんの紙ものたちと出逢えました。

紙博の戦利品はこちら

ではここで紙博の戦利品をご紹介します。といっても冒頭に書いたように、2点しか買っていないんですけどね・・元々雰囲気だけ味わうつもりできたので、来られただけで満足です(笑)

こちらの2点。ということで詳しくみていきます。

限定柄KITTA(キッタ)

KITTAとは、キングジムさんの商品で、簡単に言うと、切れてるマスキングテープです。カードサイズなので、かさばらず、持ち運びにも便利。SNSなどでもよく見かけるので、愛用者も多いと思います。

そんなKITTAのイベント限定柄をご購入。つくづく限定に弱い関西人です(笑)

中身の柄もかわいいですね♪

山本紙業さんの「コンテナ入りメモ」

続いて、大阪にある山本紙業という会社さんのコンテナ入りメモです。もうこれはね、完全に一目ぼれです!

コンテナを模したBOXに、好きな紙もの5つと、木のパレットひとつをセットにして販売してくれているのです。「紙やさん」の仕事風景をモチーフにされています。

実は社会人になってからずっと物流に携わってきたわたし。このミニチュアはたまりません(笑)フォークリフトのミニカーがあれば完全に現場の風景ですね。

木のパレットもすごくリアル!感動した。

紙袋の包みがもったいなくて開けられない💦が、思い切ってオープン。

自分が見本を見ながら選んだ5つの種類の紙がバラで入っています。使いやすそうなサイズなので、手帳をデコレーションするときや、ちょっとしたメモなどに使おうと思います☺

Nana
紙それぞれに名前がついてた!

紙博スクラップブック

システム手帳ユーザーのわたし。どこかへお出かけしたときなどは、思い出ページにスクラップブックのように、まとめています。

さっそく山本紙業さんの紙を使わせていただきました✨あとはチケットや会場でもらったフリーのペーパーなどをぺたっと。

このように、綴じられるものはできるだけシステム手帳にまとめたい派のわたしです。

↓システム手帳にご興味がある方は、是非こちらの記事をどうぞ:-)

システム手帳のはじめ方を4ステップでご紹介!

2019年11月15日

紙博の感想

総合的な紙博の感想や気付いたことはこんな感じ。

感想
・紙もの好きにはたまらない
・予習しておけばよかった
・紙ものだからと油断すると結構な出費に(笑)
・買ったものを入れる袋があればよかったかな
・人気のブースは列が長くなるので注意
・みてるだけで幸せ!

とにかく、ワクワクしすぎて泣きそうだったわたしです。やっぱり自分の好きなものをたくさん目にした喜びって大きいですよね・・最近特に、文具や紙もの不足だったので(笑)

最後にまとめてレジでお会計をする文具女子博とは違って、ブースごとの会計なので、今後行くことがあれば、購入したものを入れる袋があればよかったかなぁと思いました。中にはクリアファイルを持ち歩いている人も。賢い。

可愛い紙ものが好きな方や、手作り感あふれる紙雑貨が気になる方にはとてもオススメのイベントでした!

まとめ

以上、「紙博inTokyo」の感想や戦利品レポでした☺

はじめての参加でしたが、かなり幸せな気持ちになりました。見ているだけでも楽しいと思います。

世の中的には、「なんで紙なんかすきなの?」って感じなのかな。でも紙っていうものひとつから、こんなにも色々な商品が生まれるってすごいし、その紙にもたくさんの材質のものがあって、なんだか奥が深いなぁって思いました。

是非今後とも続けてほしいイベントです。おそらく年々人は増えると思います。混雑した環境に疲れないようにご注意ください(笑)

紙、最高です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)