スポンサーリンク

上に立つのが苦手・・チームを引っ張るだけがリーダーシップじゃない。

こんにちは。アンダンテラーのNanaです☺

突然ですが、仕事において皆さんは上に立つことや、チームを引っ張ること、得意ですか?

わたしは大の苦手です。というか素質がないというか、、人に注意したりとか、指示したりとか、提案をしたりとか、そういうのができないんですよね。

今までは、そんなリーダーシップのない自分が情けなくて嫌でした。同じように思っている方も多いかもしれませんね。

でも、リーダーシップにも色々なかたちがあって、チームの先頭に立って引っ張ることだけが、リーダーシップじゃないんだ、ということに最近気いたのです。

ということで今回は、わたしの思うリーダーシップについて、書いてみようと思います。上に立つことが苦手だ、という方や、悩んでいる方に、共感していただければ幸いです。

上に立つことが苦手

わたしは、昔から、いわゆる「リーダー」には向いていないと思っていました。まあそれを自覚していたので、上に立つようなこともなかったのですが、、

唯一、中学生の時に所属していた吹奏楽部でパートリーダーをやりましたが、優柔不断だし人をまとめるのが苦手だし、結構辛かったです(><)

社会人になると、自分よりベテランの人がたくさんいるので、自分みたいなやつはリーダーシップをとることなんて無いだろうと思っていたんです。

ですが、今の会社に転職してからは、「わたしにリーダーの素質があればな」と思わされる状況がけっこうありました。

外資系のお店なので、結構「みんながリーダーシップをとろう!」みたいな雰囲気なんですよね、、

Nana
難しい。

しかもチームで仕事をする小売業で、なおかつ人の入れ替わりも激しい。気付けば社歴だけ長くなって、あとから入ってきた人に教えたり、ベテランの人がいないときに「自分がしっかりしなきゃ」みたいなことがよくあります。

甘えている訳では無いけど、やっぱり心のどこかで「チームをリードするのは嫌だし苦手」というふうに思っていたところがあって、今になって少し後悔してきたのです。

色々なかたちのリーダーシップ

全員がリーダーシップを持つことを求められるような社会。そんな中で、上に立つことやチームを引っ張ることが苦手な自分はダメな奴だ。そう思っていました。

ちなみにリーダーシップと聞くと、「体育会系で熱意を持ち合わせたリーダー!」というイメージですが・・そもそもリーダーシップとは何なのでしょうか。Wikipediaを引用させていただくとこんな感じ。↓

リーダーシップ英語: leadership)とは、指導者としての資質・能力・力量・統率力

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97

うーんなかなかピンときませんね。統率力ってじゃぁ何?となりそうです(笑)目標に向かってチームの方向性を定めたりするイメージでしょうか。

しかし、今の会社で働き、上司と話していく中で気付いたのは、「チームを引っ張ることだけがリーダーシップではない」ということでした。

例えば、「行動で示す。」のもチームをリードする要素にもなる。まぁリーダーシップという言葉の定義自体、かなり広い範囲を持っていそうなので、これがリーダーシップかといえば疑問なのですが(笑)

仕事はまじめにやりたいわたしにとって、どちらかというとこの「行動で示す」ことならできそうだなって思いました。

自分がちゃんと仕事して、周りをみて動くことで、それを見た周りの人が何かを感じ取ってくれたら、それもチームをいい方向に引っ張る要因になるのかもしれない。

ちなみにリーダーシップと似た言葉に、フォロワーシップという言葉もあるんです。

フォロワーシップとは?
リーダーである人をサポートしつつ、自らも自主的に行動すること。みたいなニュアンスです。

わたしはどちらかというとこのポジションにいることが多いかも。現場の足りないところにしれっと入っていく感じですね・・

そもそも全員が上に立つとチームは崩れると思う

組織って難しいなぁと思うこのごろです。みんながリーダーシップを!といっても、全員が上に立って引っ張っていくぞ!みたいになるとお互いの意見が反発し合ってうまくいかない。

逆に、今日のメンバーは新しいひとが多いけど、「なんかうまく現場が回ったよね」というときは、リーダーとついていく人、という構図が明確だからかなって思ったりします。

だから、もちろんリーダーシップは全員が身に付けるものだけど、みんなが上に立つっていうよりも、自分に合ったリーダーシップを発揮すれば、いい感じにチームが成り立つんじゃないかなと。

ただ、最終的にわたしが以前から目指したいなと思っているのは、「何者にでもなれるひと」になりたいなということ。

「今日は仕切るひとがいるから自分は補佐役に回ろう」とか「今日は自分が舵を切らないといけない日だな」とか、周りの状況を見てうまく立ち回れる人。シフト制で毎日働くメンバーが変わるサービス業にしか当てはまらないんですけどね(笑)

とにかく、「自分は上に立つことが苦手」って思っている方も、自分の強みを活かして、あなたなりのリーダーシップでいいんじゃないかなって。(偉そうにすみません)もちろん管理職ポジションなどに付けばそうも言ってられないのかもしれませんが・・難しいです。

まとめ

以上、上に立つ、チームを引っ張ることが苦手なわたしが思う、リーダーシップについてでした。ちょっと自論ぽくなってしまいましたが・・

そもそも「上に立つ」っていう表現も、もう今の時代違うのかなって思ったり。チームみんなが輪になって進んでいけたらいいよねって、思っています。

仕事がんばろう・・無理せずゆるーく。をモットーに。

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、アンダンテラーのNanaです。 がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)