スポンサーリンク

なぜみんな平気なの?周りの人と自分は違うと感じて生きてきた。

こんにちは。アンダンテラーのNanaです☺

2019年9月現在、25歳のわたし。今までの人生を振り返ると、いつも、わたしだけ周りの人とは違っていたなぁ、適応できなかったなと思わされます。

みんなが楽しいことがわたしにはつらい、わたしにとって最高に楽しいことが周りには理解されない。残念ながらこの社会は、多数派の意見があたかも「正しい」かのような雰囲気で溢れています。

愚痴っぽくはなりたくないのですが、なんとなく想いを書きたくなったので。同じような思いを持っているひとは是非共感してほしい。そう思います。

学校が大嫌いな子だった

まずは学校。わたしは学校が大嫌いでした。いじめを受けていたわけではないし、部活だけはやりがいがあったし、特に嫌なことがあったわけでもない。でも、特にいいこともなかった。毎日毎日同じような生活に、パワハラセクハラ気味の先生という大人たち。

そして全く話さないわけではないけれど、仲のいい友達もいなかった。周りの女子たちが楽しそうにスクールライフを送っているのを冷めた目で見ていました。羨ましいという気持ちは高校生の最後の方にはもう、なかったなぁ・・

だから今でも本当にやめてほしいと思うんだけど、定番の「好きなようにグループを組んで」って言うやつがほんとに嫌いでした(笑)そんなの苦痛でしかないでしょう。グループができるまでの何とも言えない空気がつらかった。今思えばそういうのも敏感に感じ取るHSPだったからかもしれない。ちなみに連絡を取り合うような友達は今もひとりもいません。

HSPとは?わたしの体験談や考えも合わせてまとめてみました。

2019年6月25日

話がそれて、また愚痴っぽくなってごめんなさい。ただこうした自分とは反対に、楽しそうにしている周りの人たちをみると、「なんでみんな平気なの?」「なんでみんなは友達ができるんだろう」「学校疲れたりしないのかな」そういう違和感しかありませんでした。

Nana
それでもほぼ皆勤で登校した私。義務感でしかなかった。

社会人になるとますます感じる違和感

そうした違和感は社会人として会社勤めをしている今もなくなりません。具体的に何がダメっていうわけじゃないんだけど、周りの人が当たり前にやっていることがしんどくて苦手です。例えばこんなこと。

・だれかと一緒に休憩時間を過ごすこと
・仕事中の雑談
・誰かにお願いしたり頼ったりすること
・間違いをトゲなく指摘すること
・自分から休日に会おうと誘うこと
・誰かと誰かがもめている現場

特に「集団」に対しての苦手意識がかなり強いです。だから「みんなが明るくコミュ力抜群!」みたいな今の世の中では正直生きづらさを感じてしまいます。会社に行くだけで、しんどいのです。それは会社が悪いとかではありません・・

なんというか、言葉ではうまく表すことができないんですよね。

ある日の日記

エモーショナルな文を毎日量産していました(笑)

例えば「バンジージャンプは苦手です」っていう人が居たとします。そんなの大多数の人が苦手だから「そうだよね~苦手だよね~」で終わるでしょう。それが「集団が苦手でコミュニケーションを取るのも苦手です」「会社がつらいです」になると途端に「甘えじゃない?大丈夫?」ってなる世の中な気がしてなりません。

なにがつらくて、なにが楽しいか」は人によって違っていて、、多数派が正しいのではなく、バンジーが得意でも、集団が苦手でも、「そうなんだ」で受け入れられる世の中にしたいなって思います。とかいいつつ自分だってかなり意見を曲げない頑固な性格なので、自分の正義を振りかざしている部分はあるんですよね・・

だから今後のわたしの目標は、周りの人のことも、自分のことも「受け入れる」ことです。周りの人と自分は違うと思って生きてきたけど、そうだよね、というか「違って」当たり前だ。周りの人と自分、とかじゃなくて、人間ひとりひとりが違って当たり前なんだ。

周りと自分は違うと悩むあなたへ

確かに大多数からそれるのは生きづらいし、この世界にわたしを理解してくれる人なんて居ないんじゃないかと思いますよね。

でもなんだかこのブログではこれしか言ってないのですが、「つらいのはあなたにしか分からない」し、「あなたにしか分からない楽しさ」がこの世にはたくさんあるんだろうなと思います。

「なんでわたしはこんなに辛いのに、みんなは平気なの?」そう思うことがもうたくさんありますわたしも。そして比べる対象というか同じようなひとが周りにいないので、「わたしって情けないなぁ」とか「なんで同じようにできないんだろう」とか常に感じてます。

多分、人と比べることをやめたら、ありのままの自分を受け入れたら、少しは気が楽になるのかもしれませんね。

そもそも、「集団でうまく生きられることが正しい」なんて誰も決めていないし、かといってわたしたちのような人が正しいんだ!ってのも違います。みんなそれぞれが生きやすいように生きればいいんだって思うのです。

人間きらい!と思っていたわたしだけど、なんだか同じように悩む人をみると放っておけないというか、その気持ちに共感したい!っていう思いになるんですよね。それもこんな自分に生まれたわたしだからできることで。

だからあなたにしかない強みって絶対にあると思うし、それを生かせる生き方?というのを見つけられるといいんじゃないかなって思います。といいつつ「お金のために会社は辞められないし毎日ジレンマを抱えながら生きています」って人も多いと思う。

そんな中で本当によくがんばったよね、って自分に言ってあげてほしい。

わたしたちのような人間には生きづらい部分もあると思う。そして「会社が嫌ならさっさと辞めて在宅ワークを・・」ってそんな簡単にいくわけないのもわたしはめっちゃ分かります。今の環境を手放せばいいじゃん!なんて無責任なことは言えません。「それがすぐにできたらとっくにやってるわ」って思いますよね。

でもわたしもこの先必ず自分に合った生き方をしたいと思っているし、なんか、そこまで(自分に合った生き方を見つけるまで)の葛藤にもすごく共感できると思うので、いい方法があればまた記事にしたいと思います:-)

まずは自分の本当に望む生き方ってなんだろう?って考えてみるだけでも一歩です。

あなたは何も間違ってない(^▽^)/

アンちゃん
共感のコメントやメール大歓迎なのです(byアンちゃん)

まとめ

なんだか支離滅裂な文章になりましたが。。

今でも色んなことがつらいし、分かってもらえないことも多いなって感じてます。でもわたしだけは自分を受け入れてあげなきゃなと思うし、同じような思いの人にはより添えられる人間でありたいなって感じています。

「周りの人と自分は違う」ということに劣等感を感じたり、比べたり、どちらかを正当化する必要はないのです。そもそも人間は違って当たり前なんだってわたしも気付かされました。

少しでも共感してもらえたらうれしいなと思います。読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、アンダンテラーのNanaです。 がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)