スポンサーリンク

内向型向け転職サイトが切実に欲しくなった話。

こんにちは。Nanaです。

先日こんなツイートをしました。↓

そうだよね・・わたしみたいに根暗でコミュ力の低い人間なんて必要とされてないよね。って若干ナイーブになってます(笑)

いや、「どこを見ても」っていうのは盛りすぎたかもしれない。でもなんか、サイトの文面とか言葉遣いとか、画像の使い方とか、そういうところから 「外向型がいいです」感が滲み出てる気がするんや・・

Nana
HSPの方共感してほしい・・

ということでちょっと詳しく想いを書かせてください。

内向型ってそんなに悪いことかな。

そんなにだめですか?( ;∀;)ランチをひとりで食べたり、飲み会を断ったり、雑談せずに黙々と作業するタイプの人間って。

付き合いが悪いとか、変わってるとか、さみしくないの?とか何度か言われてきたのですが・・

ってここぞとばかりに怒り心頭でごめんなさい(;^ω^)

もちろんね、内向型が一番!なんて思ってはないし、内向型だけの会社ってのは正直無理だと思う。色んなひとがいるから会社として成り立つわけだし、色んなひとが居たほうが会社としての強みも増えると思うから。

だからこそ、「どうせなら外向型で。」みたいな風潮は悲しいなってなっちゃうのよ・・

内向型のひとって、仕事も黙々とまじめにやると思うし、内省もしてるだろうから外に出してない素敵なアイデアとかもいっぱいあると思う。

わたしが経営者なら内向型のひとも委縮しないような環境作りたいし、内向型歓迎って募集要項に書くかもしれない・・

んーでも今思ったけど、職種によって向き不向きがあるし、外向型の方が向く仕事の求人ばかりわたしが見てるからなのかな?

もしそうだとしたらわたしの自己分析が足りてないだけだし、結局自己嫌悪っていういつものパターンでどちらにせよ泣きそうです。こんなやつでごめんなさい皆さん・・(笑)

しっかり探せば自分に合う仕事はもっとあるのかもしれない。

内向型専門の転職サイトはどうだろうか

そう、で、行き着いたのがこれなわけです。

わたしみたいな人間が向いている会社、業種、職種を紹介してくれたり、内向型の人材を求める企業が求人を出せるようなサービスがあればいいのになぁって。というかもっと広い意味で「内向型と仕事」みたいなサイトとか・・

もちろんそれだけで人間を分けるのは違うと思うし、そもそもみんな違ってみんないいわけだし。でも「仕事」を探すうえでは重要な指標なんではなかろうか。外向型か内向型かって。

まずはこの社会全体がもっと内向型を受け入れるような雰囲気にならんと難しいのかな。

「内向型の人を採ろう」ってあんまならないのが現状なんだろうか・・

そもそもユングが広めたこの「内向型」っていう言葉自体あまり定着していないのかもしれないし。

いやそんなん言わずに「自分で適職見つけろよ」ってみんな思ってるかな・・?みなさんどうですか?内向型のための就職支援あればいいと思いませんか?

もはや自分で作ろうかな。

ちょっとうざくてごめんなさい。

内向型のわたしの夢の会社

最後にわたしが「こんなところで働きたいな」って思える会社です。(急にすみません)

  • 会社全体が内向型に理解がある
  • 半分出社、半分リモート、フルリモートでも可
  • 勤務時間を選べる(これは最近多いですよね)
  • 「話しかけないでモード、集中モード」が使える
  • ひとりでランチに理解がある
  • 会社に図書館がある
  • 飲み会強制NG
  • カウンセラーさんがいる
  • 意見箱がほしい(とっさに意見をまとめられないので・・)
  • 個室のスペースがある(作業でも休憩でも使用可)
  • マッサージとかアロマテラピーできる場所がある

甘えって思われそうですが、夢見るだけならいいですかね。

現実的にすべて叶えるのなんて難しいけれど、よくよく見てみたらこういうの実施してる会社もあるかも・・

でも結局は「理解があるか」なのかもしれません。ただ求めすぎてもだめだし、自分主体で「合う環境」に身を置けるように視野を広く持たないとなって感じています。

なんだか今日は感情的に書いてしまった。と思ってる。でも共感してもらえたら嬉しいです。読んでくださってありがとうございました。

独立したい気持ちが強いけどやっぱり正社員として働きながらその資金を貯めるしかないのかなと思ったり。色々と血迷っております。自分に合う働き方を見つけられたらいいな。

HSPで内向型のわたし。娯楽は今のところ3つで十分だ。

2020年3月19日

【読書】「内向型の生き方戦略」を読んだ感想。

2020年2月3日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)