スポンサーリンク

JINS(ジンズ)でリバティ柄のメガネを購入!流れや感想のまとめ

こんにちは。アンダンテラーのNanaです☺

最近は節約のためにコンタクトからメガネにシフトしていたわたし、今まで使用していたものがだいぶ古くなったので、JINSで新しいメガネを買いました

今回購入したものは、リバティとのコラボモデルということで、大変女性らしいデザインになっております。購入の流れや実際にかけてみた感想などをまとめていきますね。

メガネが古い&見えづらい

メガネを購入しようと思った理由なのですが・・まぁ単純に寿命かなと思いまして。おそらく高校生くらいの時から使っているので、7年ほど経過している状態ですね。

↓こちらが以前まで使用していたメガネです。

完全に曲がっているし塗装も剥げているというおんぼろ状態です(笑)店員さんに「曲がってるから見えにくいんですかね?」と聞いたところ「それもあると思います・・」との回答が(;^ω^)

JINSには何回かメガネを作りに行ったことがあり、またお値段も良心的なので、今回も、お世話になることにしました。

JINSメガネ購入の流れ

ではさっそく、実際にJINSの店舗にて、メガネを購入した流れをまとめていきます!

視力検査をする

メガネ屋さんに行くと、まずはフレームを見たくなりがちですが、後からでも時間を作ってもらえるので、先に視力検査を済ませる方がスムーズなようです。

平日で混んでいなかったので、すぐに開始してもらえました。

視力検査自体は、眼科でやるようなことと同じです。でもよく見る「C」のどこが開いているか、ではなく、小さなひらがなが機械に表示されて、それを読む、みたいな感じでした。進化しているのかな・・?

Nana
意外にもあまり度は進んでいませんでした。

フレームを選んで調節

さて、視力検査が終わると、次はフレーム選び。

もう入店したときから、目をつけていたのであまり迷わずに決めました。そうそれが「リバティ コラボ」のメガネ。JINS公式ページです。→https://www.jins.com/jp/collabo/liberty/

リバティとは?
リバティという言葉自体は、イギリスロンドンの百貨店のことを指します。そして、そのリバティ社のプリント生地のことを、「リバティプリント」というのですね。可愛らしい小花柄が素敵です。

↑写真ではあまり分かりませんが、フレームは薄いブラウンで、中にリバティらしい花の模様が描かれています。

いくつか種類があったので、どれにするか悩みましたが、最終的に、旦那さんにふたつを手に取ってもらい、「右左どーっちだ」で決めさせてもらいました(笑)

お会計をし、30分ほど待つ

選んだメガネのサンプルをスタッフさんに渡し、先にここでお会計をします。

お値段は、レンズの値段込みで、

8800円!(税込み)

です。メガネを長らく買っていなかったので、1万円は超えるものと思っていましたが、わりと良心的なお値段ですね。

ちなみにリバティコラボではないですが、他のフレームだと5000円代のものもありました。

そして、お店の外に出て30分ほど時間をつぶします。JINSだとショッピングモールに店舗があることが多いので、時間もつぶしやすいですね☺

アンちゃん
楽器店にピアノを見に行ったよ!

メガネ完成!検品してもらい受け取る

店舗に戻り、スタッフさんに声をかけ、メガネを受け取ります。

↑こちらが完成したリバティとコラボのメガネです。

↑メガネケースは黒色と赤色から選べます。

↑ちなみにわたしはかなり度がきついので、結構レンズも厚い印象ですよね。今回わたしは、ノーマルのレンズにしましたが、薄いレンズや、ブルーライトカットのレンズもオプションで選べるので、気になる方は話を聞いてみてください。

リバティ柄メガネの感想

画像であまり伝わらないのが悲しいのですが、リバティ柄のメガネ、女性にはおすすめです。

もともと小花柄や繊細な柄が好きな方は、特に気に入ってもらえるのではないでしょうか。

ただ、リバティ柄がプリントされているのは、フレームの内側になるので、中のプリントだけではなく、実際にかけてみた外見も、判断材料にするほうがいいと思います。

わたしは、度がきつすぎて、サンプルのフレームをかけた自分の姿もよく見えないので、旦那さんに写真を撮ってもらい、決めました(笑)

まとめ

以上、JINSでリバティ柄のメガネを買ってみた感想でした。

メガネも進化していますね。わたしは結構幼いころから視力が悪かったのですが、その当時よりも格段におしゃれで可愛いメガネがたくさん出てきています。

女性が好みそうなリバティ柄のメガネも、その象徴だと思います。昔はメガネをかけていると「嫌だなぁ」という気持ちにしかなりませんでしたが、ちょっとメガネをかけるのが楽しみになりそうです。

メガネユーザーの皆様の参考になればさいわいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、アンダンテラーのNanaです。 がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)