スポンサーリンク

大人でも浴衣を着て夏祭りに行ってもいいと思う。

こんにちは。アンダンテラーのNanaです☺

突然ですが、「大人だし結婚したしもう浴衣着て夏祭りなんて」と思っているかたはいませんか?

そんなあなたへ。いいと思います!浴衣着て夏祭り!(笑)

わたしもそんな気持ちがちょっとあったけど、勇気を振り絞って久しぶりに浴衣を着て夏祭りへ行ってきました。ということで今回は、感想でもまとめてみようかなというゆるい記事になります(笑)

そうだ、夏らしいことをしよう

夏も終わろうとしている8月末、夫婦ともに忙しくて、なにも夏らしいことができていませんでした

わたしたちは、まだ結婚していないころから、割と季節のイベントは大切にしてきていたんです。春は花見、夏はプールや祭りに行ったし、秋はハロウィン、冬はクリスマス。こうして思い出を作ってきました。

「これからは結婚したしそういうのも減るかなぁ」と思っていた矢先、突然「祭りだ、祭りに行こう、何も夏らしいことしてないし!」と旦那さんが言ってくれました。

お互い最近仕事ばかりでお出かけできていなかったし、せっかくなので県内で開催されるお祭りへ行くことになりました。

久しぶりに浴衣を引っ張り出した

ぎりぎりまで特に浴衣を着るつもりはなかったのですが、ふと前日に「あ、浴衣あったよな」と思い出し、着るかは当日の気分に任せることにして、一応引っ張り出しておきました。

そして当日、よく考えたら来年は結婚式前で忙しいだろうし、子どもができたらしばらく着られないだろうし、今着るしかないかも!と思い立ち、夜勤明けの旦那さんには特に知らせず、ひっそり浴衣を着ていくことにしたのです。

といっても、高校生以来着ていないし、もともとそんなに浴衣を着たことがなかったので、めちゃくちゃ適当な着付けになってしまいました(笑)日本人たるもの、こういう時にささっと着られる女性でいたいなぁとつくづく感じます。

旦那さんが写真を母に送ってくれていたのですが、「帯が下すぎるやろ!」と突っ込みコメントがきました。確かに。

浴衣ヘアアレンジ

わたしが浴衣を着ようかなと思った理由の一つに、浴衣に似合うヘアアレンジがしたいから、というものがあったのです。ヘアアレンジが結構好きなもので。

↑こんな感じになりました。夜の崩れかけの状態ですが(;^ω^)

サイドの髪をロープ編みにして、残りの髪は三つ編みをしてからお団子にまとめました。浴衣にはやっぱりまとめ髪です。あとは後れ毛(おくれげ)も重要ですね。

かなりの直毛で、ヘアアイロンで巻いてもすぐにまっすぐになってしまうので、もっとヘアワックスをつけるべきでした。

次に浴衣を着るときはもっとヘアアレンジをしっかりやりたいなぁと思います。

セルフヘアアレンジの5つのコツ。こだわりをまとめてみた。

2019年9月9日

お祭りの感想

久しぶりの浴衣、久しぶりの夏祭り、大人になったけど、子どものころを思い出してちょっとだけ懐かしい。そんな感じでした。

かき氷があまり好きではないわたしですが、もうとにかく暑くて!のどに染みわたります。これはラムネ味。珍しいですよね。ノスタルジックです。

焼きそばにビールでご満悦。それにしてもやっぱり夏祭りの出店は単価が高いですね・・調子に乗って色々買いすぎるととんでもなくお金を消費してしまうような(笑)

ご飯はしっかり食べてきて、ちょっと買い食いするぐらいがちょうどいいのかもしれませんね。

大人でも浴衣を着てもいい!

本題に戻りますが、大人だって浴衣を着て夏祭り行ってもいいよね、という思いに至りました。

やっぱり浴衣って普段着ないからちょっぴりわくわくするし、ヘアアレンジを考えたりするのも楽しいし、何より夏を感じられます。

それに周りにも浴衣を着ている大人の女性はけっこういたので、「大人だから恥ずかしい」って感じていたのはわたしだけだったのかなと思ったり。というかよく考えたら浴衣を着て盆踊りとか大人の方でもやってらっしゃいますものね。

特に、結婚して気を抜かしてすっぴんダラダラ姿しか見せていないわたしのような人間は、ここいらで浴衣姿をお披露目しておくと夫婦にとっても新鮮かなと思いまして(笑)

「大人になってから着てないな」という方も、大人だからこそ、浴衣を着て夏祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

めちゃくちゃ日記的な記事になりましたが、大人の浴衣夏祭り、意外といいかもなって思いました。

お子さんがいる方であっても、家族みんなで浴衣夏祭りなんかも、想像すると素敵だなって思います☺

次に着るのはいつか分からないけれど、その時まで大切に、浴衣はしまっておこうと思います。残りの夏、みなさんも熱中症に注意して、楽しみましょうね✨

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)