スポンサーリンク

セルフヘアアレンジの5つのコツ。こだわりをまとめてみた。

こんにちは。アンダンテラーのNanaです☺

今回は、最近ヘアアレンジにハマっているわたしが、日々アレンジをしていく中で見つけてきた「セルフヘアアレンジの5つのコツ」をまとめてみたいと思います。

人によってこだわりポイントや好きなヘアアレンジの雰囲気って違うと思うので、あくまでもわたし個人のこだわりにはなるのですが(笑)

自分でセルフヘアアレンジがうまくできない」「なんかダサくなる」という方へ是非参考にしていただきたいなと思います。

①ただのひとつ結びはなるべくしない

まずは、黒のゴムでひとつ結びをするだけ、というのをできるだけやめてみてはいかがでしょうか。

といっても、職場の規定で制限があったり、朝は時間がない、という方も多いですよね。

そんなときは、最低限、飾り付きのヘアゴムを使用したり、飾り付きのヘアゴムが使えなければ、三つ編みやねじりをさりげなく加えるのがコツ。それだけでも、オシャレ感がアップすると思います。

それでもひとつ結びをする機会が多い時は、パーマをかけたり、ゆるく巻いたりすると、ただのひとつ結びでもこなれ感が出ますよ

↑左はなにもしないただのひとつ結びで、右は、くるりんぱを二回とゴム隠しを合わせて、後れ毛も作ってゆるく巻きました。使用したのは黒ゴムのみですが、全然雰囲気が変わると思います。(画質が壊滅的なのは非常に申し訳ない)

ゴム隠しとは?
結んだヘアゴムに自分の髪の毛を巻き付けて隠すことです。これをするだけでも オシャレに決まる!

②ひとつ結びをするときは、髪を結んでから巻く

基本的にわたしは、髪をヘアアイロンで巻くのはひとつ結びをした後に、するようにしています。

これだと、トップの髪は巻けないのですが、どうも巻いてから結ぶと、髪がぴょんぴょんはねて、見た目が悪くなってしまうんですよね、、

だったら、まとめて結んでから巻いた方がバランスがいいなと思っています。

結構ネットなどで紹介されているアレンジは、先に全体をゆるく巻いていることが多いんですよね。でも、髪質や生え方って人によって違うので、同じようにやっても上手くいかないことがあります汗

Nana
わたしの巻き方が下手なのもありますが・・

なので、自分がやりやすくて、自分の髪型に合う手順でやるのがコツです(*^^*)自分なりの手順を研究してみてください!

③メガネの時は後れ毛を作らない

コンタクト代節約のため、メガネをよくかけるわたしですが、メガネの時は「後れ毛は無い方がいいんじゃない?」と最近気付きました(笑)

というのも、メガネのフレームで後れ毛が浮いてしまって、なんだか触角のように、、あとはメガネに後れ毛をゆるく作ると、ちょっとだらしなく見えてしまうこともあります。

メガネのときは、後れ毛を作らずに顔周りをすっきりさせるのがコツなのかもしれません。

④後れ毛を作る時はゆるく巻く

後れ毛を作る時は、必ずゆるく巻くようにしています。個人的な好みですが、巻かないくらいなら後れ毛は作らない!というほどです(笑)

ストレートの後れ毛だと、どうしてもボサボサに見えてしまうんですよね。全体的に言えることですが、「ゆるふわ」と「ボサボサ」ってヘアアレンジにおいて紙一重だなと感じます。

と、これだけ強く言っておりますが、かなりの直毛のわたし、雨の日や湿気が強い日などは、すぐに真っ直ぐになってしまうんです、、なので、結構しっかりめに巻くようにしています。

↑ここに悪い例の画像がありました(笑)

大人でも浴衣を着て夏祭りに行ってもいいと思う。

2019年9月1日

こちらの記事に書いたように、せっかく浴衣を着てお祭りに行ったのに・・こんな感じで巻きが落ちてくるんです。この日もそういえば低気圧で湿気が強かったかも。

⑤髪の毛を引き出す時は、少量の毛束にして引き出す

ヘアアレンジにおいて、トップの髪の毛を崩すというか引き出す、のは結構重要です。

その際にですね、引き出す毛束はなるべく少量かつ細くするのがコツだと思います。少しずつ、引き出す感じです。文章だとなかなか分かりにくくてすみません。

↑ちょっと大げさにやりすぎましたが左の画像は毛束を太めにして引き出してみました。これだとちょっとなんだかやりすぎ感が出てしまいます。

トップをうまく崩せないときは、もう少し少量ずつ引き出してみるといいかもしれません。右の画像は細かく引き出してみたものです。って画像だと全然伝わらない・・悲しい(笑)

あくまでも「自然体」な髪型にするのがわたしのこだわりなので、やりすぎ感が出ないように意識をしています☺

まとめ

以上、セルフヘアアレンジの5つのコツをご紹介しました。

総じて言えることなのですが、ヘアアレンジはもう見た目が全て、だと思います。凝ったアレンジだから必ずしも可愛くなるとは限りませんし、頭の形や髪の質、生え方は人それぞれ違うので、「なんかいい感じ」っていうフィーリングを大切にするのがコツかもしれません。

自分に合うヘアアレンジのコツを見つけられるといいですね☺わたしもまだまだ素人なので、偉そうに言える立場ではありませんが、、

ヘアアレンジって、お金をあまりかけずに可愛くなれる最高の魔法です。「服は高いから髪で勝負しよう」とケチな考えから色んなヘアアレンジを習得してきたわたしですが(笑)結果的に職場でもオフでも活用できているので、ヘアアレンジの練習、オススメできますよ✨

参考にしていただければ幸いです。お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • Nanaさんのセルフヘアアレンジ、いつもオシャレで素敵だなぁ・・・と思っています♡
    私は今髪を伸ばしていて、やっと胸ぐらいの長さになったのだけど、なんせ不器用なので
    オシャレなアレンジとは無縁です(毛先巻くくらいしかできない・・・)

    こちらの記事、是非とも参考にさせていただきたいと思います♪
    素敵なヘアアレンジとかあったらまたご紹介くださいませ(*^-^*)

    • ありがとうございます(*^^*)
      まだまだヘアアレンジ研究中でございます‪‪‬
      おがわさんも胸まであればアレンジしやすそうですね!はじめはレパートリーも少ないですが、
      慣れてきてできるアレンジが増えると楽しいと思います☺️

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)