スポンサーリンク

HSPの私が仕事を減らしてみて感じたこと。

こんにちは。Nanaです☺

以前より、今の仕事を時間を減らして続けるか、いっそ辞めるかの瀬戸際にいたのですが、とりあえず時間を減らして様子を見させてもらうことになりました。今月から契約を変更してのスタートです。

ここに至るまでの経緯はこのあたりの記事にも書いてます↓

HSPの私、仕事をセーブすることに決めました。

2019年11月27日

仕事を辞めるのをやめることになったひと。

2020年1月16日

まだ2月が始まって間もないですが、感じたことを書いてみようと思います。

身体的には少しラクになった

今までみっちり8時間労働をしていたのですが、今回からは6時間ちょっとの労働になりました。出勤日数も減っています。

ちなみにわたしの仕事はかなりの体力仕事でして、常に動き回っている感じです。

これから体力仕事を始める女性へ伝えたい6つのこと

2019年6月19日

効率性を求められる体力仕事+HSPとして色んな刺激を受け取ってしまい、常に気も張っている。それが8時間ですし、加えて帰宅後は家事もしなきゃいけない。もう毎日がクタクタでした。

こう書くとすごく被害者ぶってる感じがしますよね…それに周りの同僚たちは普通に仕事が出来ている訳で。みんなが出来てるから「甘えなんだ」と感じてしまい、精神的にも落ち込んでしまいました。

ですが、今回時間を減らし、2時間早く仕事を終えるだけでも、少し身体的にはラクになったかもなあと感じます。 時間を減らしたり、出勤日数を減らしたり、物理的に「仕事から距離を置く」という選択肢も悪くないのかもしれません。

みんなに出来ても、わたしにとってはこれが精一杯なんだ。誰にもわかって貰えなくても、わたしだけは分かってあげないといけない、こう思えるようになったので、少しは成長できたのかな。

だけど…結局自分の働き方や環境は変わらない

そう、これなんですよ…

時間を減らしてみても、結局わたしは色んなところに目を向けてしまうし、そうするがゆえ「今何をしたらいいのか」混乱して結局ひとりで焦って、「ああ今ポンコツって思われてるわ」って落ち込んでしまうし、完璧主義だから周りに対してもキツくあったってしまうし、相変わらず仕事に対してポジティブな感情は抱けませんでした。

というかもう会社という組織、集団に居なきゃいけないこと自体がつらい。

Nana
会社のロッカーで何度泣いただろうか。

でもそれって自分が時間を減らそうがほかの会社に行こうが変わらないんだよね…

食堂のみんなの笑い声、ピリピリした雰囲気、時間に追われる仕事、そういうものに反応しちゃうのがHSPのわたしなんだもんね。

だったらもう少しわたし自身が、うまくこの気質を受け入れて、対処していく方がいいのかな。そう思っているのになかなか難しいものです。

絶対数を減らすしかない」上司が言ってくださったこの言葉。それは間違ってないと思う、この選択を与えて下さった上司には感謝しています。

HSPと仕事って永遠の課題な気がする。ってそんなことないかな?自分に合う環境をみつけて輝いている人もいっぱいいるもんね…わたしも頑張らなきゃ。いやゆるく、がんばる。

もう少しやってみる

うん。でも時間が減ったら少しだけ生活に余裕が出てきたのは事実。ほかの会社に行ったら多分パートになるだろうからお金のために今より入らないといけないと思う。

今現在のわたしは、仕事というよりも、「会社という集団に属すること」の方がストレスな感じがするから、たとえ転職先の仕事内容が楽しくても、今よりも「会社に行く時間」が増えるのならまた同じことなのかもしれない・・

そう考えると今のところでもう少しやってみようかな、という気持ちが大きいかもしれません。といってもまだ始まったばかりなのでもう少し様子を見させて頂こうかと思います。

なんてユラユラな自分、迷惑かな…迷惑だよね…まあ契約を変えたから会社のルールには則っている訳だけど、今までほぼフルで働いていた分、罪悪感みたいなものも感じてしまいます。

いや、ここで病んだら上司の気持ちを無駄にすることになるしやってみよう…

なんというかその上司の存在も大きいのかもしれません。HSPのことはちゃんと話してないけれど、職場に理解をしてサポートしてくれる人がいるだけで、だいぶ違うと思う。

結局わたしも、人間だから必要とされたい欲があるのかもしれませんね。

まとめ

長々とすみません。そしてこの件について考え始めると、どんどん考えが深いところまでいってしまいます。あれもこれもと考えてしまう。

とにかく、 今の環境をポジティブに捉えるとこうなります。↓

  • 仕事量を減らすなど物理的に仕事と距離を置くことができる
  • 理解してくれる人が居る

もう悩み切っている感じで「とりあえずやってみるか」みたいな感じになってきています(笑)でもそれもいいのかもしれないな・・流れに身を任せて。結局自分の選んだ答えが正解だったんだよね。

いつものごとくまとまりのない文章になってしまいましたが、仕事の時間を減らしてみて感じたことでした。

ゆるく生きることが目標のわたし、でも少しずつそういう自分、「ゆるく生きたい自分」を認められているのかも。前はそれさえも認めなかったので。

もう少し、やってみます。わたし。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)