スポンサーリンク

【初心者のレビュー】Surface pro 6(サーフェスプロ6)の特徴。決め手は3つ!

こんにちは。アンダンテラーのNanaです☺

この度、ずっと欲しかったノートパソコンの「Surface pro 6」を購入しました!もうめちゃくちゃテンションが上がってます。

以前まで使用していたマウスコンピューターも、問題なく使えてはいたのですが、パソコン内部のファンから音が鳴るようになったり、「絵を描けるPCが欲しい」と思い始めたことから、Surface pro 6の購入に至りました。

さっそく記事にまとめたいと思うのですが、なにせわたしはそこまでパソコン関係に詳しいわけではなくてですね・・他のブロガーさんのように詳しいスペックを記載したりできないのです(がんばれよ)(><)

ということで、簡単ではありますが、Surface pro 6を使用した感想や、決め手となった3つの特徴をまとめてみたいと思います。「難しいことはええから素人にも分かるように書いて!」って方はぜひ参考にしてくださいませ☺

Surfaceってどんなパソコン?

まずはちゃちゃっと簡単に、Surface pro 6がどんなパソコンなのかをご紹介しますね。

販売元は、マイクロソフト社さんです。マイクロソフトといえば、パソコンに詳しくない方でも知っている、基本ソフトのWindowsを販売している会社でもあります。パソコンの中身も外身も作ってる!って言えばわかりやすいかもしれませんね。

そんなマイクロソフトのノートパソコン、Surface pro 6の一番の特徴といえば、「タブレットにもノートパソコンにもなるところ」なのではないでしょうか。あと専用のSurfaceペンも使えばめちゃくちゃ幅が広がります。

あとは個人的な感想ですが、見た目がかっこいいというかスタイリッシュ!(笑)薄くて軽いので、かさばりません。ということで詳しくはこの後、書いていきます。

いざ、開封。購入品はこちら。

ヨドバシカメラで購入したのですが、ちょうど、本体の購入でタイプカバー(キーボード)がついてくる、というキャンペーンをやっていました。

しかもポイントも何パーセントか増しだったような。そこに値引き交渉もしたので、 お得に購入できたのではないかと思います。

ちなみに、タイプカバーが無償になるのはブラックのみで、その他の色は差額分をお支払い、というかたちでした。

もうキャンペーンは終了しているはずですが、店頭で購入の場合は、こういった割引も要チェックですね。


↓ではさっそく、簡単に購入品をご紹介します。

  • Surface pro 6(256GB/8GB/Intel core i5)
  • タイプカバー(コバルトブルー)
  • Surfaceペン(コバルトブルー)
  • 画面保護用のシート

↑こんな感じです。

Surface pro 6本体

↓Surface pro 6本体は箱に入ってます。

↓電源アダプターとMicrosoft Office Home&Business 2019(マイクロソフトオフィス)のライセンスが付属しています。

そう、エクセルやワードなどで有名なオフィスがもともと含まれている!これ、ありがたい。

スペックですが、もうこういうのはですね、素人のわたしが必死で説明したところで伝わらないと思いますので、店員さんにしっかりと聞くのをお勧めいたします。(非常に申し訳ない)

ざっくり言うと、自分がSurfaceを購入してどんなことに使用するのか、どのくらいのファイルを保存するのか、というのを購入までに今一度考えてみるといいと思います。

タイプカバー

↓タイプカバーです。Surface pro 6は本体とキーボードが別売りなんですね。こちらのコバルトブルーのタイプカバーは、アルカンターラ素材といって、なんとも言えない心地いい肌触りの素材です。

上部についているマグネットによって、本体との付け外しが可能です。

↓ちなみにめちゃくちゃ分かりづらいですが、バックライトがついているので、暗いところでもキーボードが光ってよく見えます。

Surfaceペン

↓続いてSurfaceペン。

タイプカバーと同色のコバルトブルーにしました。ペンを違う色で組み合わせてもかわいいなと思います(o^―^o)

ペンは電池式なのですが、その電池というのが単6電池みたいです。いまどき単6電池ってめっちゃ入手しづらいなと思います(笑)ここは単4電池とかが良かったなぁ。

画面保護用のシート

最後に、画面を保護するシートも購入しました。

素材は結構ツルツルで光沢のあるものなので、貼っているのが分からないくらいです。他にはザラザラしたマット素材のものもありました。

Surface pro 6購入の決め手となった3つの特徴

ではここからは、個人的にSurface pro 6を購入するにあたって決め手となった、3つの特徴をご紹介します。

タブレットにもPCにもなる

繰り返しにはなりますが、Surface pro 6はタブレット端末としても、ノートパソコンとしても使うことができます。

↑こちらはノートパソコンとして、使用した時の横から見た写真です。本体後ろのキックスタンド(赤丸部分)によって、角度を自由に調節できます。ただ、膝に乗せて作業をするにはちょっと安定が悪いと思います。

↑こちらは本体からタイプカバーを切り離し、キックスタンドで角度をつけた状態です。絵を描く時などに重宝しそうですね。キックスタンドを立てなければ、タブレットのように使うことができます。

↑ちなみにタブレットモードへは、画面下(タスクバー)の左端にある通知アイコンから切り替えができます。タイプカバーを取り外せば、自動でタブレットモードに切り替えるように設定することもできるようです。

これで移動中もパソコンが使用できる!と思ったものの、電車の中では意外と取り出すのが恥ずかしくて、あまりやっていません(笑)また、絵を描くにはこのサイズでちょうどいいくらいなのですが、電車の中でネットサーフィンをするタブレットとしては、画面サイズがちょっと大きいかも。

なので、どちらかというと、家の中での使い分けに、タブレットモードは重宝しています。ブログを書くときはノートパソコンとして、絵を描いたり、ベッドで動画を見たりネットサーフィンをするときにはタブレットとして、という感じでしょうか。

電車の中では少しかさばるような気もしますが、本体自体は薄くて軽いので、今後はノマドワーカー気分で、カフェでブログとかやってみたいなとか思っちゃってます。

Nana
完全に形から入るやつですね(笑)

絵が描ける!

これは本当にありがたい。といってもわたしは、絵描きではないですし、絵心なんて皆無でございます。

でも、こうやってブログを運営していく中で、「ちょっとしたイラストが描ければなぁ」「デジタルイラストを描いてみたいな」という気持ちがあったため、絵も描けるSurface pro 6はまさに理想のパソコン、というわけです。

とりあえず初心者なので、「メディバンペイント」という無料ソフトをインストールしてみました。

ちなみに当初はipad proとかなり悩んでいたんですよね。Surfaceペンでももちろん絵は描けますが、やっぱりapple pencil(アップルペンシル)のほうが描き心地はいいと思います。

ただ、店員さんもおっしゃっていましたが、やっぱりパソコンの方ができることは多いとのこと・・結局ブログを書くにはパソコンが必要ですし、ワードやエクセルなども入れておきたかったので、Surfaceに軍配が上がりました。

今は、お絵かきできるのが楽しくて、色々とブラシの種類を変えたりして遊んでいます(笑)

マイクロソフトオフィスが搭載されている

Surface pro 6には、ワードやエクセル、パワーポイントなどのマイクロソフトオフィスの永続ライセンスが付属しています。

まあ使いたければ、後からソフトを購入すればいいだけの話なんですけどね、、(笑)なんとなく価格に含まれているとお得な感じがしてしまうのは関西人の性分なのか(笑)

以前使用していたパソコンにオフィスは含まれていなかったので、これでワードやエクセルが使えるようになりました。

Nana
しかも最新のオフィス2019です。

わたしの場合、仕事で使うことはありませんが、このブログの管理シートをエクセルで作りたかったのと、結婚式関連でも使えそうだなと思っているので、今後オフィスにはお世話になると思います。

まとめ

なんだかうまくまとめられませんでしたが、以上がSurface pro 6のゆるゆるレビューです(笑)

とにかく、絵も描けるし、オフィスも入っているし、持ち運びもできるので、これ1台で色々と活躍してくれそうです。ブログも本腰入れてがんばりたいな。

あとはデザインも決め手となりましたね。ブルー好きのわたしにとっては、アルカンターラ素材のコバルトブルーのタイプカバーがすごくお気に入りです。なかなかこういう色のパソコンってないので、気分も上がっています。

Surface pro 6は基本的なことはなんでも出来ると思うので、とりあえずブログとかネットサーフィンとかできればいいかなーみたいな人にもオススメです。

パソコン選びの候補になればなと思います。では、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • Surface、最新のモデルではないですが少し触ったことがあります。
    使い方が分からないから教えてほしい、という事だったのですが・・・

    コンパクトで持ち出しやすいサイズ感と軽さですね、確かに。
    iPad ProかSurfaceかで結構悩まれる方が多いみたい。
    1台で色々な用途ができるのは便利かも。お絵描きとか楽しそうです♪
    好きな色のカバーでテンションも上がってワクワクですね(*^^)v

    • ありがとうございます。
      おそらくもっと色々なパソコンがあるとは思うのですが、
      この見た目と、1人2役のお得感に惹かれて
      あまり迷わず購入してしまいました(笑)
      ただ、iPadもいまだに気になってます‪‪‬
      新たなわたしの相棒ができた感じで
      これから活用していくのが楽しみですー!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして、アンダンテラーのNanaです。 がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)