スポンサーリンク

「水性ペンで書けるマスキングテープ」をシステム手帳でも活用!

こんにちは。アンダンテラーのNanaです☺

先日、ずっと気になっていた「水性ペンで書けるマスキングテープ」のスリムタイプを購入しました。

マスキングテープって、半透明で淡いニュアンスのテープだし文字も書けそう!と思われがちなのですが、基本的に水性ペンでは書けなかったんです。

なので、このテープがマークスさんから発売されたときは嬉しかったなぁ(笑)

ということで、ちょっとだけこのマスキングテープについてご紹介していきたいと思います。

水性ペンで書けるマスキングテープとは?

ステーショナリーメーカーのマークスさんから発売された、「水性ペンで書けるマスキングテープ」。

マークス 水性ペンで書けるマスキングテープ ミシン目入り・スリム・手帳デコ 「マステ」 マンスリー・日付なし・タイトル用・水彩 MST-FA22-E

新品価格
¥594から
(2019/12/27 11:23時点)

その名の通り、水性のペンでもマスキングテープの上に文字を書けちゃいます。消せるボールペンや、ゲルインクのボールペンでも書けるみたいです。ミシン目が入っているのも便利ですね。

バレットジャーナルがちょっと前から流行っていたりして、最近は手帳を自分好みに作り上げる人が増えてきたように感じます☺

バレットジャーナルとは?
ノートとペンさえ用意すれば始められる!自分の管理したいこと(予定や目標、習慣など)を自由に書き込んでいく、手書きの手帳のような感じです。海外で流行し、日本でも人気が出ました。

その流れで、マスキングテープにタイトルを書いたり、マンスリーページにマスキングテープの上から予定を書き込む人が増えたのかなぁ~と。

なので、水性ペンで書けるマスキングテープの柄も、「マンスリー用、タイトル用、日付柄」など、バレットジャーナルに使えそうな柄がメインとなっています。

やっぱりペンというと油性よりも水性ペンを使うことが多いと思うので、水性ペンでも書けるマスキングテープってのはありがたいです(笑)


↓ちなみに同じくマークスさんの商品では、システム手帳に挟むことができるポケットなんかも発売されていますよ☺

システム手帳用の「PVCポケット」がマークスから発売!活用法は?

2019年6月25日

スリムタイプは持ち歩きにもぴったり

で、最近、その水性ペンで書けるマスキングテープに、スリムタイプが登場しました。今回わたしが購入したのもこっちです。

こちらは、ひとつのパッケージに3種類の柄が入っていて、しかもそれらが1つになっている!(お得感)

持ち運びもしやすいので、出先でも手帳デコできそうですね:-)

↓わたしは小物ポーチに入れてます☺

実際に使ってみたレポ

わたしが購入したのは水彩柄のマンスリー用。タイトル用の長めの柄1巻きと、マンスリー用の四角い柄2巻きです。とりあえずバイブルシステム手帳のマンスリーページに使用してみました。

うん、サイズ感は程よいです。しれっと目立たせたい予定に貼ってもいいですし、ここは休みたい。っていうところには、あらかじめ貼っておいて予定を入れないのもいいかも。

Nana
って私には予定がほぼありません・・(笑)

実際に使ってみると、無機質な手帳がパッと明るくなったな~と感じます。上から文字が書けるので、デコりつつ予定管理もできるのはいいかも。

書き心地は?

もちろんテープの上に書いているので、紙のようにさらさら書けるってわけではないと思います。ちょっとだけ持っているペンで検証。

↑こちら、わたしのお気に入りボールペン、「サラサ」で記入。問題なく書けました。(しれっと違う柄も購入。)

アンちゃん
Pay Dayにじわじわくるね・・

↑こちらは水性のマーカー、「クリッカート」です。ちょっと滲んでしまいました

おそらくペンによっては、合う合わないがあるかもしれないので、ちっちゃく試し書きしてみるといいかもですね。

それでも、文字を書くこと自体が難しかったマスキングテープなので、この水性ペンで書けるマスキングテープのおかげで助かった人は多いんじゃないかなと思います。

まとめ

「水性ペンで書けるマスキングテープ」をご紹介しました。

予定管理もしつつ、手帳を可愛くできるので魅力的です。

特に、手帳を可愛くしたいけどセンスがないわぁというわたしのような人間には、助かるアイテムだった(笑)スリムタイプだと持ち歩きにも便利です。

マークスさんらしいおしゃれで可愛いデザインがたくさんあるので、好みのものを見つけてみてくださいね☺

では、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)