スポンサーリンク

ちょっと待って!趣味や楽しみを手放すのはオススメしません。

こんにちは、アンダンテラーのNanaです☺

突然ですが皆さま、趣味はありますか?毎日、仕事や家事や学業に追われている方にとって、気分転換ができる趣味はかなり大切ですよね。

しかし、やっぱり気になるのが金銭面。わたしも過去に、趣味や楽しみを全て手放して、娯楽費をゼロにしようとしたことがあります。

ただやっぱり今思うと、趣味や楽しみはすごく大切。やめることはオススメできないなあとおもったのです。

ということで今回は「金銭的にもきついし趣味や楽しみをやめようと思う」という方に少しだけ、わたしの体験談をお話ししたいと思います。

金銭的にキツくて趣味をやめようとしたワタシ

それはまだわたしがひとり暮らしをしていた頃のことです。前職を退職したわたしは、給料が下がり、また引越しや健康保険料の支払いなどで、貯金も減っていき、金銭的にキツイなあと感じていました。

家計簿を見ながら、「もう娯楽費なんか削って最低限生きていけるだけの支出に抑えよう」と決めたのです。

服は買わなくなりましたし、趣味の映画や一人カラオケ、旅行もやめました。飲み会も「お金が無いので」と断りました。たまの甘いものを楽しみにするくらいです。

ちなみに抑えられるところは抑えようということで、スマホは格安スマホに乗り換え、コンタクトも30枚入の1dayを半年かけて使い、家計の見直しをはかりました。

趣味をやめるとこうなった

こうして趣味や楽しみをほとんど手放したわたし。

毎日仕事をして、帰宅してご飯を作って寝て、休日になってもやることがなくて、ぼーっとする。そんな日々をしばらく送っていました。

すると、日に日に生きる意味が分からなくなってきて、病み期に突入してしまったのです。仕事も正直言うとつらくて、ほんとに「なんのために生きてるんだろうわたし」って感じでした。

お金を持っているひとや、自由にお金が使える状態のひとを妬んだり、羨ましく思うことも多々あったと思います。

「我慢、我慢、とにかく我慢」。

Nana
こんな状態ではストレスが溜まる一方・・

お金のかからない趣味・楽しみもある

そんな生活を続けていたわたしですが、その後しばらくして、文房具と手帳にハマりました。この時も、お金は無い状態だったけど、「文房具一つくらいなら買える」し、「手帳に何かを書き込むぐらいはできる」そう感じて、自分の予算の範囲内で、少しずつ楽しみを増やしていきました。

【2019】「紙博inTokyo」レポ!感想や戦利品など。

2019年7月13日

↑余裕があれば文具のイベントに行ったりも、最近はしています。

そうなんです。「趣味や楽しみは必ずしも大金をはたいてやらなくてもいい。だから全てを我慢してやめる必要もないな。」と気付いたのです。

そして、文房具のことを広めたいと思い、人生初のブログをはじめることにしたわたしなのでした。(アンダンテライフとは別のブログです)

これが大正解!ブログは、低コストで始められる割に、一度こだわり始めると奥が深く、やり込み度は高いと思います。うまくいけばたくさんの人に読んでもらえる可能性もある。ブログをはじめてよかったなと思っています。

ブログじゃなくても、図書館へ行って本を読むとか、公園で自然に触れるとか、料理の練習をするとか、結構低コストでできる趣味も多いですよ✨

今のわたしの状態

最近は、以前のようにとまではいきませんが、絵を描いたり、ブログの書籍を購入したり、わりと娯楽費が増えてしまい、さすがにもう少し減らそうかなと思っているところです(笑)

しかし、以前のように趣味をすべてやめたときよりも幸福度は高いですし、仕事でつらいことがあっても、「楽しみ」と思えることがあると、気分転換もしやすいんですよね。「趣味をやるために仕事がんばろう」とも思えるようになりました。

という感じで、お金がちょっとかかっても、それで自分が元気に幸せに暮らせるなら、安いもんなんじゃないか、という考えに最近は落ちついています。(笑)

大人は趣味を捨てるべきなのか。

さて、最後に、金銭的な問題とは少し離れますが、社会人になりたてのころは、「趣味なんかやってる暇があれば働きなさい」という考えもあると思います。

休日も仕事の勉強をしたりして、一生懸命働けば、まわりの同僚と差がついて出世して、自分の成長にも大きくつながることでしょう。娯楽費が減れば、貯金も増えて将来も安定かもしれません。

でも、わたしは断然、趣味はあったほうがいいと感じる派です。

上に書いたように、趣味や楽しみをやめたわたしは、かなり落ち込みました。やっぱり趣味というのは、自分が「楽しい・幸せ」と感じることだと思うので、その感情が減ってしまうのは精神的にもきついです・・

もちろん、「仕事を楽しんでるからいいの」という方もいらっしゃると思います。でも、やっぱり人生一度しかないから、仕事以外に、色々な経験をするのもいいんじゃないかなとわたしは思うのです。

休日に観た映画も、自分で描いた絵も、読み進めた本も、自分が楽しめるものはどんどん経験する。そうすると人間的にも深みが増すような気がしています。趣味で経験したことが、仕事で生かされることもあるかもしれませんしね☺

Nana
でも、「仕事が楽しい」というのも素晴らしいことだと思います!

まとめ

以上、「趣味や楽しみを手放すのはオススメしないよ」という記事でした。

もちろん、ときには、楽しいことも我慢してお金を貯めたり、娯楽費を減らさねばならない状況もあるでしょう。わたしも本当にお金がなかったので分かります。「楽しんでる場合じゃない」って思ってた。

そんな時は、低コストや無料で楽しめるものでもいいと思います。とにかく、必要以上に我慢したり、一切の楽しみを手放したりすることはオススメできないなと思うのです。それよりも、日々の光熱費や食費、日用品費などに生じている「無駄」に気づいて、それを改善するほうが先かなと思います。

色々な考え方があるとは思うのですが、やっぱり、人生に楽しみは必要ということで、趣味にお金を使うのも悪くないなと、少しでも感じていただけると嬉しいです。

Nana
アンダンテラーらしくなってきたかな?

では、閲覧ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)