スポンサーリンク

仕事、つらいです。自分の本音を押し殺すのもつらい。

いよいよ仕事、つらくなってきた。って何回も聞いてるよー!っていうそこの方、そうですよね、、ごめんなさいね、、そして炎上こわいマンです。

Twitterじゃ収まらなかったのでブログ書かせてください。消すかもだけど。。


ほんとはね、向いてないのわかってた。でも、やりたいよね!?って自分に言い聞かせてた。

一年くらい前、ひょんなことから今のところに異動が決まった。

ありがたいと思ったし、環境を変えたら、新しいことを始めたら、なにか変わるかもしれないと思ったんです。

ほんとはこの時も、「大丈夫?うそついてない?ほんとにやりたいこと?体力面や精神面に不安があるんじゃないの?」って内なる自分は言ってた。でも全て聞こえないふりをした。

自分の「○○したい」という声より、「こうあるべき、こうするべき」という考えや、「こっちのが安泰。」っていう考えだけだった。

ここまでなんとか来られたけど、やっぱりダメかも、、ほんとに、ほんとに、周りが悪いとかじゃないの。わたしのキャパとか疲れやすさとかこのHSPの気質に単純に合ってないのかもしれない。

だけど、何度かブログに書いた通り、結婚式を控えているのと、一応正社員だし社会保険入れるし、なかなか辞める勇気が湧きません。

本当のわたし、本音のわたしはね、

「ここを辞めたい。時給は安いけど家の近くの文具屋さんでパートでもいいから働きたい。もしくは図書館とか静かな場所で働きたい。働きつつカウンセラーの資格を取りたい。ブログもやりたい。そして何よりも旦那さんにちゃんとごはんを作ってあげたい。泣いたわたしじゃなくて、機嫌の悪いわたしじゃなくて、笑顔でおかえりって言ってあげたい。

こう言ってました。ほんとのわたし。自分で書いてて泣きそうだな。やっと本音を文字にできた。

甘えなのかな〜HSPだからって甘えてるのかなわたし。

職場の人にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。別に期待されてたわけじゃないけど、「興味あるフリ」なんかして、だから色々教えてくださってたし、、最悪だよなあ。

話がまとめられない(笑)ついこないだ、「仕事をセーブする」と決めたばかりなのに。

旦那さんは辞めていいんだよって言ってくれるけど、たぶんほんとはそう思ってないところが1ミリくらいあるんだと思う。たぶん本人も気付いてないけどわたしはそういうの感じ取っちゃうよね、、こう言うといつも怒られるけど。。

それにホントの声じゃない方のわたしも言ってる。建前のわたし。「やめてどうする?お金もないんだぞ?国民健康保険料たかいぞ?(超ピンポイントだけど一瞬だけ無職の期間があったからわかる)」って。

でも思いました、「もう少し、もう少しだけ」っていつもなんとか乗り越えてきたけど、結局また同じループにハマるわけで、本音のわたしが「もうだめ」と言ってるんだからそれを無視することはもうできない、ってとこまできているかも、、

自分の本音に正直になろう。

うん。

ほんと、わたしってば、なーにがHSPの方の力になりたいだよお!(誰)すみません、、わたし自身がこんなんじゃつらい人にも寄り添えられないよね、、

わたしらしい生き方がしたい。この気質をうまく活かして生きていきたい。そんなことを考える夜です。

HSPの皆さんはどうやって適職に出逢えたのか教えていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)