スポンサーリンク

プレ花嫁デビュー。インスタでウェディングアカウントを作ってみました。

こんにちは。アンダンテラーのNanaです☺

先日入籍をし、結婚式の日取りも決定したわたし。インスタグラムにて、 最近の流行である、 ウェディングアカウントなるものを作ってみたのでレポートします。

ウェディングアカウントってなに?という方や、興味がある、作ってみたい、という方は、是非参考にしていただければと思います。

それではさっそく☺

ウェディングアカウントとは?

ウェディングアカウントとは、その名の通り、インスタグラムにて結婚式の準備の様子を他の花嫁さんへ向けてシェアしたり、自身の情報収集のために使用したりする、結婚関連専用のアカウントのことです。

なんとなく、結婚関連のことを本アカウントに頻繁に投稿するのは、ウザがられる気がする・・という女性の気持ちからウェディングアカウントが広まったものと思われます。知り合いに結婚式の内容がバレないのもウェディングアカウントのメリットです。

ちなみにこの界隈でよく耳にする、「プレ花嫁」とは、結婚式当日に「花嫁」になる前の女性のこと、ですね。「プレ」というのは英語の接頭語で、「前の、以前の」とかそういった意味合いを持ちますので、こちらもその名の通りです。

Nana
プレセール、プレオープンなどと同じ意味なのね。

最近インスタでは、このウェディングアカウントのみならず、わたしも作っていますが、「手帳・文具アカウント」や「イラストアカウント」など、ひとりの人が複数のアカウントをもつことも多くなりましたよね。

投稿内容に統一感を持たせられるので、同じ趣味を持つ人との交流もしやすいのかもしれません。

ウェディングアカウントのポイント

ではさっそくウェディングアカウントを作ってみましょう。といいつつわたしも新参者ですが、いくつか発見したポイントをご紹介します。

ちーむ○○で同じ日に式を挙げるプレ花嫁さんと交流

プレ花嫁になると、よく見かける「#ちーむ○○」というハッシュタグ。ちーむの後には、日付が入るのですが、これは、同じ日に式を挙げる花嫁さんとの共通のタグみたいなもの。これで検索をかけると、「あ、この人わたしと同じ日に結婚式をするんだ」というのが分かるということですね。

なるほど~って思いました。世界は進化していますね・・ちなみにわたしはチキンなのと一年以上準備期間があるので、まだこのハッシュタグは使えていません・・(笑)

ウェディングアカウント特有のハッシュタグが他にもたくさんあるので、うまく活用してみましょう。

公式アカウントや式場のアカウントも有益

プレ花嫁さん同士の交流のためだけではなく、もちろん公式アカウントの投稿も結構わたしには刺激になっています。

式場のアカウントを見ると、「こんなテーブルコーディネートもできるんだ」という気付きになりますし、ゼクシィや、ペーパーアイテムで有名なピアリーなどの公式アカウントも、参考になります。

ちなみにウェディングアカウントを作ると、結構ウェディング関係のビジネスアカウントからフォローをいただくことがあります。ブーケの会社さんだったり、ムービー作成の会社さんだったり。

普段はビジネスアカウントにフォローされても見ないことが多いですが、ウェディングアカウントだと「ウェディング業界にはこんな会社もあるのね」と参考になったりするんですよね・・

わたしがウェディングアカウントを作った理由

ずっと結婚式はやりたくない、というか結婚する気はない、と幼いころから思っていたわたし。そんなわたしがインスタでウェディングアカウントを作ることになるとは夢にも思いませんでした(笑)

ウェディングアカウント作成の主な理由として、式場の見学に行ったり、結婚式のことを調べていく中で、わたし自身ちょっとずつ結婚式が楽しみになってきた、というのがまずありました。

なので、他のプレ花嫁さんたちの投稿をみてワクワクしたいな、と思ったのと、自分自身も他の人の参考になれるような情報を発信したいなと思ったのです。

Nana
インスタ映えには程遠いわたしですが(笑)(笑)

あとは、「無知ってこわい」と思ったこと。やっぱり結婚式ってお金がかかるものなのに、一生に一度しか経験しないから、誰もが知識のない状態からスタートしますよね。

するとかけなくていいところにお金をかけちゃうんじゃないか、とか、やりたいことができないんじゃないか、とか感じてしまって。

慎重派でやるからにはとことんやるわたしは、情報こそ命!という気持ちで、プレ花嫁さんの生の情報を収集して、賢く結婚式をやりたいなって思ったんです。

ウェディングアカウントの感想・今後やりたいこと

ウェディングアカウントを作ってから、想像以上にインスタを開いてしまっている自分がいる(笑)

また、自分の式場のプレ花嫁さんがあまりいないというのもあり、色んなひとの役に立つ情報が発信できればなと思っています。

やっぱりわたしはブログをやっているからか、「発信すること」は好きみたいです。それは承認欲求とはまた違うというか、うーん違わないのかな(笑)

ただ今は、式まで一年以上あるので、写真でなにかをシェすることができず、ひたすら情報集めと、自分の想いとかを投稿しちゃってる状況なんですよね(;^ω^)

でもその心のうち、みたいなものも、同じように準備期間が長いプレ花嫁さんに共感してもらえるかなと思うし、今後は結婚関連なら、なんでも投稿してみたいと思ってます。やっぱり女子は共感の生き物。わたしもそうだけど共感してもらえると嬉しいし、共感してほしい、そんな思いがあるのです。

この投稿をInstagramで見る

【こんな結婚式にしたい】 こだわりないとかいいつつ、やるとなったら急に全力な自分。 ぼんわりやんわりとしかイメージできませんが、ずっと心にあったのは「みんなに感謝したい」という気持ち。普段からドライで不器用なわたしは、上手く周りの人へ感謝を伝えられていないのかもしれません。 でも、わたしがここまで生きてきて、大切な人と家族になることができたのは、育ててくれた親とか、相談に乗ってくれたりアドバイスをしてくれた同僚とか、ほんとに周りの人のおかげだなと。 ちなみに旦那さんはわたしの前の会社の先輩でした。だから旦那さん側のゲストの方はみんな顔見知りです。色々と理由があって3年で会社を辞めたわたし、正直合わす顔がないっていう気持ちもあります。でも、どうやら皆さん祝福して受け入れてくれているようで、、「ご迷惑をおかけしました」っていう気持ちが強いけど、やっぱり当日は、「ありがとうございました、お世話になりました」って言えたらいいな。 あとはせっかく来てくれるのだから、ただただ式を見守るだけではなく、何か全員が参加型で楽しむことができるような式にしたいなと思っています😌 まあここに書いたことは全てわたしひとりの想いなので、旦那さんがどう思っているのかは分かりませんが(笑)やっぱり結婚式は2人で作り上げるものだから、この先意見がぶつかることもあるだろうけど、納得できるまでコミュニケーション取れたらな。👯‍♂️ ってなんにも参考にならない呟きですみません(笑)デジタルウェディングノート的な感じです。 #ウェディングアカウント #デジタルウェディングノート #結婚式 #手書き加工 #アルマリアン東京 #プレ花嫁 #全国のプレ花嫁さんと繋がりたい #メディバンペイント #こんな結婚式がしたい #手書きツイート

なぁーさんさん(@nanawedding77)がシェアした投稿 –

↑こんな感じで長々と書いてます。お絵かきできるノートパソコン、surfaceも有効活用している(笑)

まとめ

以上、ウェディングアカウント作成のレポートでした。

インスタで結婚準備がはかどるなんて、やっぱり時代だなぁとおばさん臭いことを感じてしまうわたしなのですが、活用できるものは活用しない手はないと思います。

利用者数の多いインスタグラムで、ぜひ、ウェディングアカウントを作成してみてはいかがでしょうか。

ただ、不用意に顔出しをしてしまうとプライバシーの観点から不安ですし、知り合いにバレる可能性もあるので、自己責任で十分注意をしましょうね。

Nana
あ、わたしのアカウントはフォローご自由にです!(笑)

では、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ウェディングアカウント、素敵な試みですね♪
    インスタで色々と情報収集ができるなんて・・・本当に便利な世の中になりましたよね。
    アカウントを通じて沢山の素敵なご縁が繋がると良いですね(*^^)v

    フォローはご自由に、と書いてあったのでフォローさせていただきますよ( ´艸`)

    • コメントありがとうございます(^_^)
      検索するよりもむしろインスタのハッシュタグ。
      とも聞きますよね。本当に時代の流れは
      早いなと(笑)
      すでに色々と情報収集できて楽しんでいます(笑)
      フォローして下さって嬉しいです☺️

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして、アンダンテラーのNanaです。 がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)