スポンサーリンク

【洋楽】スローテンポで癒される、おすすめの5曲

こんにちは。Nanaです☺

ツイッターではたまに好きな音楽を紹介させていただいたりしていたのですが、ブログでもちょっとまとめてみようかなと思います。

なのですが!動画を埋め込むのにどうも躊躇してしまって・・

曲へのわたしの気持ちや感覚をただただ言葉にしただけです。

なんというか、 最近はね、手軽に音楽を聴ける時代になったのですが、 だからこそ、こうやってタイトルとわたしの説明だけで「聴いてみようかな」って思ってもらえる。みたいな、そんな音楽との出逢い方もいいんじゃないかなって思うわけです。

それに音楽って形ないものだけど、アーティストさんの想いが詰まった大切な作品だから・・それをそのままこんな拙いブログで発信してもよいものか、とか思ったりもします。昔は聴きたい音楽があればCDショップでレンタルしてたもんなぁ。時代の流れは速いです。

アンちゃん
ちょいちょいアナログ思考だよね。
Nana
それは否めない。読者の皆様にとって不便でしかないかもね汗

ということで、前置きが過ぎましたが、わたしの想いに共感し、それでも見てくださる心優しいあなたへ、

ひとまず、今回は、洋楽の中でも、スローテンポで癒される、おすすめの5曲を選んでみました!完全に思いついたものをランダムに選んだのですが、全ていい曲ばかり:-)

夜に、おうちでまったり聴きたくなるような、そんな5曲。ぜひとも。

おすすめ①「Breath(Taylor Swift)」

まずは、わたしの大好きなTaylorの曲。「Fearless」というアルバムに収録されています。

歌詞的にもちょっと切なめな曲ですが、全体的にタイトル通り、透き通った息が抜けてくような、そんなサウンドです。冬に吐く息が白いじゃないですか。あんな感じっぽいなと思ってる。個人的に。

そして、わたしもよく聴くアーティストさんの、「コルビーキャレイ」が一緒に歌ってます。

またこのコルビーキャレイのハーモニーがよいんだな・・テイラーのメロディを陰ながらしっかり支えてる感じが心地よいです。

おすすめ②「Autumn Leaves(Ed Sheeran)」

この曲を聴いたとき、一気にEd Sheeranが好きになったなぁ。

朱色、やまぶき色の葉っぱが浮かんできます。秋ですね。使ってる楽器も少ないしシンプルなのになぜこんなに色が出るんだろう・・

個人的に夜にひとりで車を運転しながら聴きたいです。ちょっと疲れた残業終わりの日に、「染みるわ・・」って言いながら聴きたいよ(笑)

アンちゃん
ペーパードライバーでしょ?

実際よく「Ed Sheeranが染みるわ」って言ってましたわたし。電車でね。心の中でね。

おすすめ③「Forever Changed(Carrie Underwood)」

Taylorがきっかけで、カントリーミュージックにも興味をもつようになり、その時に知ったのが キャリーアンダーウッドさんです。

https://twitter.com/moke6310/status/1193289638992961536?s=20

↑ツイッターでも呟きましたが、魔法にかけられての曲を歌われています☺

で、今回のこの「Forever Changed」はかなりバラード調で、スローテンポで、泣けます。 要所要所にカントリーっぽさもある感じです。

歌詞に関してなのですが、わたしは英語好きなのにできないというジレンマを抱えていまして。いつも歌詞の意味を完全に理解することは難しいんですよね・・

ギブアップでたまに和訳のサイトとか、意味を調べさせてもらうことも多いのですが、今回の曲はちょっと自分で解釈してみたいなとも思いました。

あとこの方の声がすごく好きだなぁ。

おすすめ④「Heal Over(KT Tunstall)」

もうこれめっちゃよきです~~!自分が一気に外国の街の住人になって、コーヒー片手に本読んでる感覚になるう。スローライフって感じ。カフェで流れてたら嬉しい、そんな曲です。

日本だと鎌倉とかそういうちょっと静かな街のカフェで流れてて欲しい。すごく。うん。

アコースティックギターを弾きたくなります。できないけど(笑)

KTタンストールさんといえば、「プラダを着た悪魔」の主題歌、「Suddenly I See」で有名。今回ご紹介した曲と同じアルバムに収録されています。

彼女のInstagramをフォローしているのですが、なんかカッコイイんだよね…

おすすめ⑤「Silhouette(Owl City)」

アウルシティーは洋楽を聴くようになってから、ちょくちょく聴いています。エレクトロニックで、キラキラポップ系ですね。Carly Rae Jepsen(カーリーレイジェプセン)と歌っている「Good Time」という曲が有名です。

わたしは普段から、どちらかと言うとスローテンポで静かな音楽を好むのですが、owl cityの場合、アップテンポの曲でも何故か聴いていて心地いいし、スっと入ってくるんですよね。

このSilhouette(シルエット)という曲は、どうやら過去のことを歌っているようで…曲調もしんみりな感じ。でも歌っているアダム・ヤングの声が優しくて。包まれるようです。

夜寝る前に聴きたい。子守唄になりそうだなあ。

まとめ

スローテンポで癒される洋楽5曲を、ご紹介しました。

アップテンポの曲を聴くと元気になれたりするけれど、スローテンポな曲は心に染みわたってリラックスできる、そんな存在ですね☺

わたしは結構フィーリングで音楽を聴いていて、「いい!」って直感で好きになった曲を広く浅く聴いています。

今後もおすすめがあれば紹介させていただきますね。新たな音楽との出逢いをお助け出来たらなら嬉しいです:-)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Nanaと申します☺ がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)