スポンサーリンク

私が「ゆるく生きる」人になりたいと思った4つの理由

こんにちは。アンダンテラーのNanaです☺

この記事を見て下さったあなたへ。毎日がんばりすぎていませんか。何事にも全力で、誰に決められたわけでもないのに、自分を追い込んで、疲れてないですか。

分かります。わたしも未だにそういう性格が抜けないからです。「お弁当作らなきゃ」「仕事は全力でやらなきゃ」という○○しなきゃ。思考でずっと生きてきました。

でも最近そういう自分に疲れてきて、もっとゆるく生きる人になりたいと思うようになったんです。ではわたしがそう思うようになった理由はなんなのか、ということについてまとめてみたいと思います。

頑張りすぎで疲れて周りにも自分にもイライラ

一番の理由はこれかもしれません。わたしは今、旦那さんと二人暮らしで、共働きなのですが、仕事はシフト制なので不規則で、遅いときは24時を過ぎることもあります。そんな中、「毎日3食用意して、掃除も洗濯も完璧に」というのを自分に課していたのです。

不器用なわたしだから、やる気はあるのに上手くいかなくて、毎日旦那に八つ当たりしていました。(最悪な女💦)

職場でも、「自分はこんなにやってるのに!」と周りに求めすぎたり、逆にちょっとでもできないことがあると自分にイライラしたり。

Nana
これじゃあ「ゆるい人生」とは言えないかも・・

とにかく周りや自分を大切にできない状況が続いたんです。「あぁもっとゆるく生きる人になりたいな。そうしたら余裕ができてもっと他人や自分を大切にできるかも。」と強く思うようになりました。

シンプルに身体がしんどい

先に書いた通り、今までの人生、全力でやってきていたわたし。走らなくていいところで走るし、気分の波も激しいし、とにかくエネルギーの消費が半端ない!

このブログ以外にも、ブログをやっていたし、趣味もあるし、とにかく24時間すべてのことに全力!って感じだったんです。

言うなれば、常に交感神経が働いている状況。って感じかな。眠りも浅くて常に身体が重い気がしています。

交感神経とは、自律神経を構成するもののひとつ。昼間、活動しているときに優位になります。通常夜のリラックス状態に入ると副交感神経が優位になるんだけど、私の場合このバランスが崩れ気味なんです。

こんな調子だから、毎日しんどくてしんどくて。

Nana
もっとゆるく生きたい・・

書籍の影響

ここにきて書籍の影響がくるのですが・・(笑)つい最近になって、もう限界だ。ってなった時期がありました。ちょうど仕事が忙しくて、季節の変わり目も重なったんだと思います。

少しずつ、メンタル関係の本を読むように。とにかく少しでもラクになれて、ゆるく生きるための答えが欲しかったんです。

多くの本が、わたしを元気づけてくれました。客観的に自分の性質を知ることができたり、直接的にがんばらなくていいんだよ」「ありのままでいいんだよと言ってくれる本もあった。

そうやって本を読んでいくうちに、「わたしはもっと肩の力抜いていいのかも」って思えるようになって、「ゆるく生きる人」を目指すようになったんです。

がんばらない成長論(文庫版)

新品価格
¥680から
(2019/6/22 18:52時点)

敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本

新品価格
¥1,296から
(2019/6/22 18:52時点)

↑ちなみにわたしが読んだのはこんな本。人によって状況って違うと思います。「ゆるく生きる」を目指すひとも居れば、バリバリ働いてアクティブに生きたい人もいる。

それによって刺さる本って変わると思うから、自分に合いそうだなって思う本を是非見つけて欲しいなって思います。

誰もわたしにそこまで求めてないと気付いた

例えば、序盤に書いたお弁当や家事のことについてもそうです。わたしは「やらなきゃ」って思っているけど、旦那は「無理しなくていいよ。Nanaのメンタルがやられるならごはんがない方がずっといい」と言ってくれたんです。

Nana
ちなみに彼氏も家事はめっちゃやってくれてます。ありがとう。

この言葉でハッとしました。わたしが勝手に自分に厳しくしていただけで、自分の思っている以上に、周りはわたしに「全力でやれよ」なんて思ってない。

仕事でも、周りに頼れないし目標も高いわたしでしたが、ちょっとだけ周りに頼ってみたり、弱さもみせてみたり、立ち止まって周りを見渡してゆるーく働いてみたりしたんです。それでもなんら問題もなく現場は回ってる。

もちろん仕事ですから、だらだらゆるゆるやり過ぎるのはよくないです。

でも常に120%の力を周りはわたしに求めているだろうか。むしろエネルギー切れで倒れる方が迷惑じゃないだろうか。そう気づいてからはもう少し、ゆるく要領よく、働けたらなと思うようになりました。

まとめ

以上が、わたしが「ゆるく生きる人」になりたいと思った理由です。うまくまとめられませんが・・

自分に厳しく、努力を続けて、すべてに対して全力なのも素晴らしいことだと思います。

でもやっぱり、どこかでしんどくなってしまう。これを見ている人も共感してくださる部分があったのではないでしょうか。

わたしの経験ですが、こうやって気を張って人生を送っていると、どうしても周りに対してもとげが出てくるんですよね・・大切なひとを傷つけてしまったり、仕事仲間に不信感を抱かせてしまったり。

そんな人生から少しずつでも、「ゆるく生きる人」へとシフトしていきませんか。といってもわたしもまだまだ模索中なんですけれど。

明日もアンダンテを意識して、生きていきたいと思います:-)

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、アンダンテラーのNanaです。 がむしゃらに走るよりも、歩くように、ゆっくり、ゆるーく、がんばりすぎず、生きていきたい。そんな想いを込めた雑記ブログです。 「アンダンテってどういう意味?」「Nanaってどんなひと?」続きはプロフィールページで!(^o^)